マットレスが原因となる腰痛を防ぐには?おすすめ対策5選

DWSIOOW 足の疲れスッキリ解決! 足枕 足マクラ ひざ下枕 膝下枕 膝裏 足置き 疲れる対策 腰痛 クッション 腰痛対策 妊娠中にも フットピロー 抗菌防臭 サポートピロー 洗えるカバー付き (カフェ)

つらい腰痛には、マットレスが影響していることもあります。

マットレスが自分の体に合わないと、腰に負担をかけてしまうのです。

痛みによるストレスを防ぎ、毎日健康に過ごすためには、対策が必要になります。

しっかり対策ができていれば、腰の痛みを抑えることができるのです。

では、おすすめの方法を詳しく説明していきましょう。

膝の下にクッションを入れる

腰痛を防ぐためには、寝るときの姿勢が重要になってきます。

お気に入りのマットレスを使っていても、姿勢が崩れてしまうようでは、腰への負担を軽減することができません。

体に負担をかけない姿勢を維持できれば、腰痛は避けられます。

そのためには、クッションをうまく利用していきましょう。

腰の反りを抑える

体を乗せたとき、腰が反ってしまうようなマットレスは、腰痛の原因になってしまいます。

その状態で一晩過ごしたりすれば、腰に大きな負担がかかり、痛みを感じるようになるのです。

姿勢を正して負担を軽減するためには、クッションを膝下に入れてみてください。

クッションがあると、膝が少し立つようになります。

すると、背中がしっかりマットレスにつくため、腰にかかる負担を分散できるのです。

そのような楽な姿勢を保つことができれば、痛みに悩まされることはなくなります。

横向きなら両膝の間

クッションを膝下に入れるのは、仰向けになったときの対策になります。

普段横向きで寝ることが多い人は、足の下ではなく、間に挟むようにしましょう。

そうすることで腰が安定し、よい姿勢を保てるようになります。

なるべく余計な負担がかからない姿勢をつくり、快適に眠れるようにしましょう。

腰にタオルを巻く

マットレスの腰痛を防ぐなら、タオルも便利なアイテムになります。

腰に巻いて寝れば、余計な負担を抑えることができるのです。

タオルが邪魔になりそうなイメージもありますが、実際にはそれほど気になりません。

体の動きを助けてくれるため、むしろ楽な状態で眠ることができます。

寝返りのしやすさ

寝返りがうまくできないようだと、体にかかる負担は大きくなります。

しっかり寝返りができなければ、同じ姿勢を無駄に長く続けることになるため、腰痛のリスクを高めてしまうのです。

マットレスの中には、体の動きを制限するようなタイプもあるため、姿勢の固定には注意しなければなりません。

そこでおすすめなのが、タオルを巻く方法です。

タオルを巻くと、体の出っ張りがなくなるため、かなりスムーズに動けるようになります。

それなら、寝返りの回数が減ることはありません。

寝返りしにくいように感じるときは、家にあるタオルをぜひ巻いてみてください。

骨盤の安定

タオルを巻くと、骨盤がしっかりと固定されるため、姿勢を維持しやすくなります。

これも、腰痛を防ぐにためには大切なことです。

姿勢が悪くなり、骨盤が安定しない状態では、腰への負担を和らげることができません。

そうした事態を避けるためにも、タオルをどんどん利用していきましょう。

硬すぎるものを避ける

マットレスによる腰痛を防ぐなら、選び方にも注意すべきです。

適当に決めてしまい、硬すぎるものを引き当てたりすると、痛みを防げなくなってしまいます。

体に負担をかけずに眠りたいなら、むやみに硬いものは選ばないようにしてください。

「柔らかすぎるものより硬い方が腰に優しい」という話は間違いではありませんが、硬さばかり優先すると失敗してしまいます。

極端なものは避け、適度な硬さを選んでおけば、腰のダメージを抑えることができるのです。

体がフィットしない

硬すぎるマットレスで腰を痛めてしまうのは、隙間が多くなるためです。

ほとんど沈むことがないため、まるで板の上に寝ているような状態になってしまい、体がうまくフィットしません。

そのため、腰の下あたりに隙間ができるようになり、常に苦しい姿勢で眠ることになってしまうのです。

おかしな姿勢になることを防ぐためにも、硬さの選択は間違えないようにしてください。

ベッドパッドで軽減

すでに使っているマットレスが硬すぎるように感じるときは、ベッドパッドを重ねてみましょう。

少し厚めのベッドパッドがあれば、硬さをかなり和らげることができます。

それなら、マットレスの買い換えをしなくても、快適に眠れるようになるのです。

ただし、厚みには注意してください。

薄すぎるベッドパッドだと、重ねてもあまり変化を感じられないことがあります。

3cmくらいあるものを選び、しっかりと柔らかさをプラスしていきましょう。

買い換えも

硬さの原因が劣化だった場合は、ベッドパッドで解決できないこともあります。

スプリングマットレスに寝ているとき、スプリングの硬さが強く伝わるようだと、かなり劣化が進んでいる証拠です。

そんなときは、無理に使い続けたりせず、思い切って買い換えることも検討していきましょう。

いつまでもずっと使えるわけではないので、古くなりすぎたものは、しっかり処分することも大切です。

新しいものと交換すれば、また楽に眠れるようになります。

柔らかすぎるものを避ける

硬すぎるものがよくないのと同じで、柔らかさも、度が過ぎれば毒になってしまう要素です。

柔らかいタイプは気持ちよさを感じられますが、あまりにもフワフワしていると、体の負担を大きくしてしまうのです。

そのため、やはり適度なものがおすすめです。

ちょうどよい柔らかさに注目して、本当に負担の少ないマットレスを探しましょう。

背骨のカーブが崩れる

人間の背骨は、少し湾曲したS字カーブになっているものです。

マットレスに寝たときもそのカーブが維持できていれば、腰への負担は少なくなります。

しかし、柔らかすぎて体が沈むようだと、カーブが崩れてしまいます。

背骨が不自然な状態だと、その先につながる腰には、どうしても負担がかかってしまうのです。

それを防ぐためにも、沈みすぎないマットレスを使うようにしましょう。

体の動きが制限される

柔らかすぎるマットレスは、沈みすぎて体が埋まってしまいます。

そうなると、スムーズに寝返りをうつことができません。

動きたくてもすんなり動けないため、自然に回数を制限するようになり、一晩の寝返りが少なくなってしまうのです。

そんな状態だと、腰への負担を軽くすることは難しくなってきます。

ちょうどよい柔らかさの沈みすぎないマットレスを選び、できるだけ動きやすくして眠るようにしましょう。

裏は硬い場合も

買ってしまったマットレスが柔らかすぎるようなら、使う面を入れ替える方法がおすすめです。

裏面であれば、それほど柔らかくない場合もあります。

もしそうなら、ひっくり返してウレタントッパーを重ねてみましょう。

その方法なら、表をそのまま使うより、しっかりと体を支えられるようになります。

ただし、マットレスの中には片側しか使えないタイプもあるので、少し注意が必要です。

ポケットコイルの場合も、裏にしてトッパーを重ねることで、体を支える力を弱めてしまう可能性があります。

この対策を行うときは、両面仕様で、なおかつボンネルコイルかノンコイルのマットレスにしておきましょう。

へたりを防ぐ

腰痛対策をするなら、へたりには要注意です。

中方が凹んだマットレスでは、先述したクッションやタオルの対策も、あまり役に立たないことが多いのです。

いつかはへたる日が来るとしても、できるだけ劣化を遅らせるような使い方をしていきましょう。

同じ部分だけ使わず、裏表や上下をローテーションさせていけば、体重の負荷を分散させることができます。

また、湿気を防ぎ、素材へのダメージを軽減することも大切です。

湿気で素材が傷めば、それだけへたるのも早くなるので、十分注意してください。

まとめ

マットレスによる腰痛は、ここで紹介したような対策を行っていれば、防ぐことができます。

寝るときの姿勢の維持や商品の選び方、使い方などは、しっかりチェックしておいてください。

それらをよく考えず、適当に寝ているようだと、いつの間にか痛みが強くなっていることもあります。

腰に負担のかからないポイントを押さえて、ぐっすり眠れるようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.iine-no-singu.com/mattre…
https://exquery.net/bed-backache/
https://hineru.com/mattress-for-lum…
www.e-futon-kobo.com/normalpost/お…
https://kaimin-times.com/mattresses…
https://sheets.jp/18790
https://kaimin-times.com/how-to-mak…
https://kaimin-times.com/mattress-h…
https://suzuki-mattress.jp/spring-m…