マットレスにはシーツを敷くのが常識!快眠につながる5つの理由

わたしたちの快眠への意識が高まっていることもあって、多種多様なマットレスが各メーカーから販売されています。

しかし、ある寝具も一緒に使わないと、マットレスの機能が低下して、睡眠の質が下がることも。

その寝具とは、シーツです。

シーツには寝心地を向上させるだけでなく、快眠をサポートする機能もありますので、その特徴をしっかり覚えてみなさんの睡眠環境アップにつなげてください。

シーツが持つ基本的な機能5つ

敷き布団にシーツを敷くのは常識となっていますが、マットレスはカバーが付いているものもあるためか、そのまま寝ている人が非常に多いようですね。

しかし、わたしたちのカラダにはさまざまな老廃物が付着していますし、マットレスにダメージを与える行動も頻繁にとります。

こうした寝具のトラブルとなる要因から守ってくれるのが、薄いながらも多くの機能を有しているシーツなのです。

では、具体的にシーツの基本機能を5つ、順に確認していきましょう。

機能1.水分を吸い取る

マットレスの上では飲食しないのが基本ですが、それでも寝る前などは、ハーブティーなどを飲んでリラックスすることが多いですよね。

でも、万一、手が滑ってマグカップを落してしまったら・・・。

マットレスには厚みがありますから、奥まで浸みこんだ水分はタオルで拭いても吸い取れません。

その点、シーツを敷いた状態だったら、ある程度の吸収力がありますので、マットレスへのダメージを最低限にできます。

機能2.汚れ移りを防ぐ

マットレスは丸洗いできないタイプが多いため、シミなどが付いたら落とすのが大変になります。

こんな時でも、シーツを敷いていたら、マットレスへの汚れ移りが防げますね。

機能3.ニオイを吸収する

マットレスを長年使っていると、自分の体臭が移ってそれが悪臭を放ちます。

この嫌なニオイは、寝ている間にストレスとなって、わたしたちの眠りを浅くすることも。

シーツを敷き、週に1度のペースで洗濯するようにすれば、こうしたトラブルも未然に防ぐこともできますよ。

機能4.マットレスの生地を傷めない

わたしたちは、寝ている間に20回ぐらいの寝返りをうちます。

その度に、寝具表面に摩擦が発生するので、次第に表面の生地が傷んでいくんです。

高価なマットレスだったら、末永く使いたいですから、シーツを敷いてダメージを軽減することは重要だということが分かりますね。

機能5.寝心地のよさをアップさせる

マットレスの反発力や体圧分散機能は、寝心地のよさを生み出しますが、肌に接触する生地は、お世辞にも心地よいとは言えません。

朝までグッスリ眠る質の高い睡眠を得るには、肌触りの良さも重要な要素となります。

この寝心地をカバーするのも、シーツの重要な役割なのです。

熱帯夜が続く夏の季節は、ヒンヤリ触感の麻素材を、寒い冬は保温性が高い起毛素材を選ぶのがおすすめです。

快適度がグンとアップしますよ。

生地を傷めないシーツの洗濯方法

洗えるのが便利なシーツは、洗濯方法に注意する必要があります。

まずは、生地を傷めないように裏返しにすること。

そして、脱水は1分程度にして、干すときは直射日光に当てず、陰干しするようにしましょう。

こうしたケアで、シーツの持ちがよくなり、マットレスの機能維持にもつながります。

おねしょ対策の補助具として使いたい寝具

小さいお子さんと一緒に寝ている方でしたら、おねしょの水分やニオイも気になるところですね。

おしっこのニオイは、厚みのあるマットレスだと完全に取り除くことができませんし、シーツの吸水力だけではガードできません。

こんなお悩みを解決してくれるのが、ベッドパッドという寝具。

シーツの敷いて使うのですが、厚みがかなりあるため、おねしょ対策には最適です。

もちろん、丸洗い可能ですから、汚れやニオイもカンタンに取り除けて、マットレスの機能をしっかりガードできますよ。

敷きパッドを使えばシーツは不要?

ベッドパッドと似ている寝具に、敷きパッドというアイテムがあります。

こちらは、シーツの上に敷いて使うのですが、部屋の湿度がそれほど高くなく、そんなに汗をかかないという方でしたら、敷きパッド単独で使っても問題ありません。

まとめ

寝具はわたしたちが思っている以上に、デリケートなアイテムです。

正しい使い方をしていれば、その機能がフルに発揮されますし、ケア方法が間違っていたり汚れや湿気を放置したりすると、逆に、眠りの質が低下します。

シーツは存在感が薄い脇役的な寝具ですが、これを使うと使わないのでは睡眠環境に雲泥の差が出るのです。

こうした機能を踏まえて、シーツをマットレスに敷いていない方は、すぐに通販サイトなどでお好みの素材のアイテムを購入しましょう。

こまめに交換して衛生状態を保つためにも、お手頃価格の商品を2枚ほど手に入れることをおすすめします。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!