マットレスの上で仰向けで寝ていて腰痛が酷くなる原因や対策

人によって寝やすい姿勢は異なり、仰向けで寝る人、横向きで寝る人、うつぶせで寝る人など人それぞれです。

その中の仰向けは、腰への負担が少なそうな寝姿勢ですが、仰向けで寝ていると腰痛が悪化してしまう場合があります。

腰への負担が少ないと思って仰向けで寝ていて、腰痛が酷くなったら最悪ですよね?

そこでここでは、マットレスの上で仰向けで寝ていて腰痛が酷くなる原因や対策を説明していきます。

原因1.柔らかすぎるマットレスの使用

仰向けで眠っていて腰痛が酷くなる原因として多いのは、柔らかすぎるマットレスを使っている場合です。

柔らかすぎるマットレスで仰向けになって眠っていると、マットレスの反発力が低すぎることから身体が落ち込みやすくなり、当然腰も落ち込みやすくなります。

腰が落ち込み過ぎてしまうと、腰には大きな負担がかかってしまいます。

まして、柔らかすぎるマットレスは身体が沈み込みやすいことから寝返りが打ちにくく、寝返りの回数は減りやすくなり、長時間同じ寝姿勢になりがちになります。

腰に大きな負担がかかっている状態で長時間同じ姿勢でいれば、腰を痛めたり、腰痛が酷くなったりして当然です。

腰に良くない姿勢で眠り続けているわけですからね。

ですから、身体が埋まってしまうほど柔らすぎるものは、仰向けで寝ていても腰を痛める原因になります。

原因2.硬すぎるマットレスの使用

先程、柔らかすぎるマットレスが仰向け寝での腰痛の原因になるということを話しましたが、逆に硬すぎるマットレスを使用することも、仰向けで寝ていて腰を悪くする原因になります。

あなたは、仰向けで寝ている時に腰が浮くことで腰に隙間ができていませんか?

腰が浮くのはマットレスが硬すぎることが原因で、硬すぎることから腰がほとんど沈み込まず腰が浮いてしまうのです。

そのため、腰に隙間ができて、腰を痛めたり悪化させたりしてしまいます。

私は非常に安いホテルに泊まった時に、寝ていて腰を痛めたことがありますが、腰を痛めたのは硬すぎるマットレスのせいでした。

腰にかかる負担により何度も目が覚めてしまい、とても辛かったのを覚えています。

そのように、硬すぎるマットレスは腰痛の原因になってしまうだけでなく、睡眠の質が低下する原因にもなるのです。

硬すぎるものは体圧分散性が非常に低く、腰が圧迫されやすくなり、筋肉や骨などにも負担がかかりやすくなります。

マットレス自体が硬すぎなくても、薄すぎるものだと底つき感を感じやすくなり、背中に硬さを感じやすくなります。

そのため、薄すぎるマットレスも仰向けで寝ていて腰痛になる原因になるのです。

原因3.劣化してヘタったマットレスの使用

劣化してヘタったマットレスの使用も、仰向けで寝ていて腰を悪くする原因になります。

ヘタって腰の部分がヘコんでいると、腰は落ち込みやすくなります。

そうすると腰にかかる負担は大きくなるため、腰に良くありません。

手入れをしていなかったり、年月が経過することでマットレスは劣化していくので、ヘタり具合には注意しましょう。

原因4.ヘルニアなどの腰痛がある

マットレスが柔らかすぎたり硬すぎたりすると腰を痛める原因になりますが、仰向けで寝ていて腰を悪くしたからといって必ずマットレスが悪いということではありません。

ヘルニアや腰椎症など腰の骨に原因があることも考えられます。

うつ伏せで寝ていると腰が反ることにより腰に負担がかかってしまいますが、仰向けで寝ていても、自分が思ったよりも腰が伸びるため、ヘルニアなどの腰痛を持っていると、症状が酷くなってしまう場合があります。

高齢者やスポーツ選手などは、老化現象や肉体を酷使することで腰の骨に問題がでて、仰向けで寝ていて腰に痛みを感じてしまうことが多くあります。

原因5.日常生活での悪い姿勢の影響

日常生活で悪い姿勢をとることが多いと、悪い姿勢によって腰の筋肉は固まりやすくなります。

筋肉が固まり緊張することで血流は悪くなり、疲労物質は蓄積しやすくなり、腰の痛みとなって現れてしまいます。

ですから、猫背などの悪いクセがある方は直すことが大切です。

対策1.マットレスが柔らかすぎる場合は買い替える

マットレス自体が柔らかすぎると、マットレストッパーや敷きパッドなどを使ってもあまり対策にはなりません。

それは、マットレスは土台となっているからで、柔らかすぎるマットレスの腰痛対策としては買い替えるのがベストになります。

買い替えるといっても、当然柔らかすぎるマットレスに買い替えてはいけません。

腰が落ち込み過ぎなく、体圧分散性に優れている寝返りが打ちやすいものに買い替えることが大切です。

ヘタって凹んでいる場合も買い替えましょう

ヘタって凹んでいる場合も買い替えることをおすすめします。

ヘタって凹んだマットレスは、凹んでいる部分にタオルを置いて敷きパッドを敷いたりすることで、腰が落ち込むのを防ぐことが可能です。

ですが、その方法は間に合わせ的な対策になるため、マットレスが傷んで凹んでいる場合は、できるだけ早く買い替えるようにしましょう。

対策2.マットレスが硬すぎる場合はトッパーを使う

マットレスが硬すぎることで、仰向けで寝た時に腰が痛くなる場合は、トッパーを使うと良いです。

トッパーを硬すぎるマットレスの上に敷くことで、体圧分散性を良くすることができます。

トッパーを購入する場合、当然お金はかかりますが、とても簡単な対策になります。

トッパーではなく、厚めの敷きパッドやベッドパッドでも大丈夫です。

それらにもクッション性はあるので、硬すぎる寝心地を少し柔らかくすることができます。

対策3.ヘルニアなど腰の骨に問題がある場合はクリニックへ

椎間板ヘルニアなどで腰の骨に問題がある場合は、速やかに専門の医療機関に行って診てもらいましょう。

腰の骨に問題があることで腰が痛い場合、専門の医療機関に行かないで放っておくのは良くありません。

放っておくと、いつもでたっても腰痛の問題が解決せず、ずっと辛い思いをしてしまう可能性があります。

専門の医療機関で診てもらえば、完全に治らないとしても、いくらか緩和することは可能です。

少しでも腰痛を良くしたり、これ以上悪化させないためにも、ヘルニアなどで腰が痛い場合は、時間を確保して速やかにクリニックに行ってください。

対策4.筋肉がこわばっている場合はストレッチ

筋肉がこわばっていることから、仰向けになった時も腰が痛い場合は、軽く運動して筋肉をほぐしましょう。

軽い運動に最適なのはストレッチです。

運動不足で体力がない方でも取り組みやすい運動なので、基本、誰でも行うことができます。

ストレッチに取り組むことでこわばった筋肉をほぐすことができ、身体に柔らかさをだすこともできます。

つまり、ストレッチを行うと、筋肉がほぐれて柔軟性を高まることで血流は良くなり、腰痛を緩和する効果を期待することができるのです。

硬くなった筋肉をほぐすのに効果的なストレッチですが、ストレッチしている時に腰に痛みを感じる場合は、速やかに止めましょう。

腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。

なるべく早くクリニックに行って診てもらってください。

まとめ

仰向けで寝ていて腰が痛むと辛いですよね?

何も対策をしないと腰痛の問題が解決しないので、腰が痛む場合は、ここで説明したことを参考にしてみてください。

ちなみに、仰向けで寝ていて腰が痛いからといって、腰の下にクッションを置くのはNGです。

クッションを置くことによって反り腰になってしまい、腰に負担がかかって腰が悲鳴をあげてしまいます。

腰のためにと思ってやったことが、逆効果となってしまうので注意しましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.takasa.co.jp/blog/240.p…
https://www.bauhutte.jp/bauhutte-li…
https://www.cecile.co.jp/genre/g2-1…
https://www.shopjapan.co.jp/good-sl…
https://www.sleep.co.jp/youtuniiibe…