マットレスはケアを行えば衛生を保ったまま長期的に使用できる

普段使用しているマットレスの汚れが気になった時、どのように洗えばいいのか迷うことも多いでしょう。

そもそも丸洗いできるのかどうかもよくわからず、結局汚れたまま使い続け、衛生面で好ましくない状態になることもあります。

効果的なマットレスの洗い方や、長持ちする方法について知っておけば、快適に使用し続けることができます。

マットレスをダメにしてしまった体験

マットレスには洗えるタイプもあれば、そうでないタイプもあります。

私自身の失敗経験としては、洗えないタイプのマットレスを丸洗いしてしまい、結局ダメにしてしまったことがありました。

風呂場で水洗いをしたのですが、中の詰め物が固まってしまったのです。

乾かしても固まりがとれず、もちろんその状態で使用することはできないため、結局処分しました。

マットレスの洗い方を理解していなかったために起こった出来事です。

使用しているマットレスが丸洗い可能かどうかを確認

マットレスの商品表示には洗濯可能かどうかの表示がされているので、自分が使用しているマットレスについて確認しておくことが大切です。

丸洗いができる場合は、浴槽につけて洗うことができます。

洗えないタイプのマットレスの場合

薄いマットレスで洗える表示のあるものは大丈夫ですが、厚いマットレスになると自分で洗うわけにはいきません。

重量があれば移動が大変ですし、浴槽につけるにもスペースが小さすぎます。

スプリングの付いたマットも個人で洗うことは避けるべきです。

スプリングの部分が錆びてしまうと、後々の使用に支障をきたすからです。

厚いマットレスやスプリングマットレスは、専門業者へクリーニングに出すようにすれば効果的です。

専門業者はマットレスを傷めずに清掃してくれる

専門業者では、個人で難しいような効果の高いクリーニングが可能です。

スプリング付きのマットレスの場合も、スプリングが錆びないようにすぐに乾かすなどの処置をしてくれるため安心です。

使用しているマットレスが洗濯可能かどうかわからなくなった場合は、業者のホームページで確認するか、直接問い合わせて聞いてみるといいでしょう。

私の失敗経験のように、自己判断で行うと、最悪の場合にせっかくのマットレスを処分するような状況になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

部分的な汚れは自分で落とす

丸洗いができないマットレスについては、部分的な汚れを拭き取ってきれいにすることで衛生状態を保つことができます。

マットレスに水分がついてしまった場合は、乾いたタオルで吸い取ります。

汚れが目立つ場合は、水かぬるま湯で薄めた中性洗剤を浸したタオルを絞って、それで拭き取ります。

その後、水かぬるま湯で絞ったタオルを使って洗剤を落とします。

洗浄成分はしっかり拭き取ることが大切です。

後は自然乾燥させます。

マットレスを長持ちさせる方法

衛生状態を維持すると共に、マットレスを長持ちさせる工夫も大切です。

一定期間ごとに、マットレスの上下の位置を替えてみることはおすすめです。

ずっと同じ位置だと、寝ている時に特定の部分だけに負荷がかかり、スプリングの劣化が速くなる可能性があります。

しかし上下の位置を変えれば、スプリングにかかる負荷をできるだけ均等にすることができ、劣化を防ぐことになります。

表裏の入れ替えも有効

上下だけではなく、両面仕様になっているマットレスの場合は、表裏を替えることも有効です。

両面仕様でない場合は、表裏で寝心地に差が出る可能性があります。

3ヶ月前後を目安に、最初に上下の入れ替えを行い、その3ヶ月後には表裏の入れ替えを行うなど、繰り返していくといいでしょう。

間違った取り扱いをしないことが長持ちする秘訣

同じ場所にずっと負荷がかからないようにすれば、マットレスが長持ちすることが多いです。

マットレスの特定箇所に負荷をかけるのは、マットレス消耗の原因になります。

例えば、マットレスの上で飛び跳ねたりするような行為は、スプリングの破損につながる可能性があります。

マットレスの特定箇所に長時間座り続けるのも、その部分だけに負荷がかかります。

ベッドパッドやシーツも定期的に洗う

ベットパットも定期的に洗うといいでしょう。

ベッドパッドの上にシーツを置いているのなら、シーツを洗えばそこまで頻繁にベッドパッドを洗う必要はなくなります。

シーツを洗う方が簡単にできます。

まとめ

マットレスは、管理の心がけ次第で衛生状態を保ったまま長く使うことが可能です。

そのためには、洗い方の注意点をよく守り、定期的にマットレスの位置を替えるなどの工夫をするといいでしょう。

毎日の睡眠時間を快適なものにするためには、マットレスが良質の状態であることが大切です。

自分が使用しているマットレスの特徴をよく理解しておけば、適切な管理や対処をしていくことができるでしょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!