マットレスを選ぶ4つのポイントとおすすめのマットレスの種類

寝ている間に私たちの体を支えているマットレスは重要な役割を果たしています。

しかしマットレスが体に合っていないと不調にもつながっていきます。

今回の記事では、自分の体に合うマットレスを選ぶポイントやおすすめのマットレスの種類について紹介していきます。

もうすでに体の不調に悩まされている人は、この記事を参考にマットレスの買換えを検討してみましょう!

マットレスを選ぶ4つのポイント

「マットレスが合っていない」「寝起きに体が痛い」といった経験はないでしょうか。

もしかするとその原因はお使いのマットレスによるものかもしれません。

しかし、いざマットレスを買い替えようと思っても高価な買い物になるので失敗したくないものです。

そこで今回はまず始めに、マットレスを選ぶ際のポイントを紹介していきます。

ポイントは主に4つあるので、チェックしてみてください!

マットレスの硬さが合っているか

マットレスを選ぶポイントその一は、マットレスの硬さが合っているかどうかです。

一般的には立っている時の姿勢で眠れるくらいの硬さが適しているといわれています。

ひとりひとり好みの硬さは異なりますが、寝返りが打ちやすかったり腰がつらくなかったりする点がクリアできれば良いでしょう。

マットレスの厚みはどうか

マットレスを選ぶポイントその二は、マットレスの厚みを決めることです。

ベッド派なのか床派なのかでも適切なマットレスの厚みは変わってきます。

一般的には厚さが11㎝からはベッドの上で使えます。

8㎝以下は1枚で使うには薄すぎるので、重ねなければいけません。

15㎝からは床で使うには大きすぎるかもしれません。

ベッドで寝るのか床で寝るのかを決めてからマットレスの厚みを決めていきましょう。

マットレスに耐久性はあるか

マットレスを選ぶポイントその三は、マットレスに耐久性があるかどうか確かめることです。

マットレスは使っているうちにヘタってしまって、体に合わなくなってしまいます。

マットレスは決して安価な買い物ではないので、長年使い続けたいものです。

そこでマットレスの耐久性も重要になってきます。

耐久性があるマットレスにはコイル系が多いですが、ウレタン系のマットレスにも耐久性に優れているものがあります。

気に入ったマットレスがあったら、耐久性もチェックしてみましょう!

マットレスのサイズは適切か

マットレスを選ぶポイントその四は、マットレスのサイズは自分に合っているか考えることです。

一人で寝る場合にはシングル~ダブルサイズがおすすめです。

二人で寝る場合にはダブル~キングサイズがおすすめですが、ダブルだと寝返りが打てなくなるかもしれません。

キングサイズなら大人二人と小さいお子様一人で寝ることも可能でしょう。

マットレスのサイズは自分の体型や何人で寝るかによって検討し、できるだけゆとりのあるサイズを選びましょう。

おすすめのマットレスの種類を紹介

続いて、マットレスの種類を紹介していきます。

マットレスには高・低反発のマットレスやウレタン系のマットレス、コイル系のマットレスなど、さまざまな種類のマットレスがあります。

高反発ウレタンマットレスは使い勝手が良く価格は比較的安い。

ポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスは価格が高めだが寝心地が良いなどといった特徴があります。

さまざまな種類のマットレスを比較して、購入を検討してみましょう!

ここでは、おすすめのマットレスをピックアップして紹介していきます。

高反発ウレタンマットレス

MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス 無重力睡眠 「超ぐっすりで首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える

おすすめのマットレス一つ目は、高反発マットレスです。

高反発ウレタンマットレスとはどのようなマットレスなのでしょうか。

ぜひ、チェックしてみてください!

高反発ウレタンマットレスとは

高反発のウレタンが使われているマットレスです。

高反発ウレタンマットレスの特徴は体をしっかりとサポートしてくれることです。

ブランドによっては、体圧分散性に優れているマットレスも販売されています。

おすすめポイント

価格が比較的安価なので家計に優しい高反発マットレスは反発力が強いので、耐久性も優れています。

反発力の強さは寝返りしやすさも生み出します。

高反発ウレタンマットレスには体圧分散性があるマットレスが多いので、腰痛対策をしたい人や腰痛の悩みがある人におすすめです。

洗濯はできるのか

高反発ウレタンマットレスは水に弱いので、クリーニング業者では取り扱っていないことが多いです。

水洗いが可能なウレタンであれば、自分で押し洗いをしましょう。

水洗いができないウレタンであれば、濡れタオルを使って汚れをふき取りましょう。

ポケットコイルマットレス

源ベッド 三つ折りポケットコイルマットレス シングル xm24-s

おすすめのマットレス二つ目は、ポケットコイルマットレスです。

ポケットコイルマットレスとはどのようなマットレスなのでしょうか。

ぜひ、チェックしてみてください!

ポケットコイルマットレスとは

スプリングマットレスと呼ばれるマットレスの中にコイルが入っているマットレスです。

ポケットコイルマットレスのコイルはひとつひとつ独立しています。

そのため、二人で寝ていても寝返りなどの振動が伝わりづらいという特徴があります。

おすすめポイント

ポケットコイルは点と点で体を支えているので、体圧分散性が非常に優れています。

体圧分散性が優れていると、腰だけに圧がかかることもないので、快適な眠りを送ることができます。

また、二人で寝ているとどちらかの寝返りによってマットレスがゆがみ、眠りを妨げられることがあります。

そのため、二人で寝ている人にはこのポケットコイルマットレスがおすすめです。

洗濯はできるのか

ポケットコイルマットレスの洗濯はクリーニング業者に頼むとすることができます。

規模が小さい汚れであれば濡れたタオルを使って、汚れをふき取ることができます。

ただし、厚みがあるマットレスだと内部に水が行くと乾きにくいので、濡らし過ぎに注意です。

ボンネルコイルマットレス

アイリスプラザ マットレス ボンネルコイル シングル 高密度コイル 圧縮梱包 通気性 体圧分散 S65300100

おすすめのマットレス三つ目は、ボンネルコイルマットレスです。

ボンネルコイルマットレスとはどのようなマットレスなのでしょうか。

ぜひ、チェックしてみてください!

ボンネルコイルマットレスとは

ボンネルコイルはポケットコイルと違ってコイルがつながっているので、硬めの使い心地が特徴のマットレスです。

コイルがつながっている土台の上に中綿やウレタンが詰まっています。

マットレスの柔らかさは、この中綿やウレタンの量によって変わってきます。

おすすめポイント

ボンネルコイルマットレスのおすすめポイントは何といっても、カビが生えにくいことです。

ボンネルコイルの通気性の良さは、ポケットコイルよりもはるかに勝っています。

マットレスや敷き布団は油断をすると、すぐカビさせてしまうことが多々あります。

そんなカビ問題に悩みを抱えている人には、ボンネルコイルマットレスがおすすめです。

洗濯はできるのか

こちらのマットレスもポケットコイルマットレスと同様に、クリーニング業者に頼むことで洗濯ができます。

マットレスのクリーニングでは汚れを落とすだけではなく、カビやダニの除去もできるので、定期的におすすめです。

まとめ

マットレスを選ぶポイントには「硬さ・厚さ・耐久性・サイズ」のチェックするポイントがありました。

加えて、おすすめのマットレスの種類は「高反発ウレタン・ポケットコイル・ボンネルコイル」です。

さて、マットレスについて紹介してきましたが、マットレスを選ぶ時に一番参考になるのは試しに寝てみることです。

寝具の専門店でプロのアドバイスも参考にしながら、自分に合うマットレスを選んでみましょう!