低反発マットレスが腰痛の原因? その理由をまとめてみた

低反発マットレスは高反発マットレスと共に腰痛に良いマットレスとして有名です。

ですが、実はこの低反発マットレスを使用していることが腰痛になったり、腰痛を悪化させる原因となっていることがあるのを知っていますか。

腰痛対策として使用する場合には、その原因を取り除かなければいけません。

そこで、低反発マットレスが原因の腰痛について紹介していきます。

体が沈み込みすぎてしまう

低反発マットレスが腰痛の原因となってしまう理由として、体が沈み込みすぎてしまうという点が挙げられます。

まずはこの点について詳しく紹介していきます。

マットレスによっては体が沈み込みすぎる

低反発マットレスは適度な柔らかさで体のカーブに合わせて形を変えてくれることが特徴です。

また、適度な反発力もあるので、体を押し返すこともでき、どこか一部分に負担がかかりすぎてしまうことを防いでくれることで知られています。

ですが、マットレスが低反発すぎると、腰痛に対して逆効果になってしまいます。

低反発マットレスに寝ていると、体の重い部分だけがどんどんと沈み込んでいってしまうことがあります。

高反発マットレスと違い、反発力がそれほど強いわけではないので、マットレス選びを間違えると、柔らかすぎるマットレスに寝ているのと同じような状態になってしまいます。

すると、腰の周辺だけが重いため、どんどん深く沈み込んでいってしまいます。

すると、寝た時の姿勢が崩れるようになってしまいます。

この姿勢の崩れが腰痛を悪化させる原因となってしまうことがあるのです。

寝始めが大丈夫でも安心はできない

低反発マットレスを使用している人は、マットレスの上に寝転がった時は沈み込みすぎることもなく、正しい姿勢でいられるからと安心してしまう人がいます。

ですが、寝始めの時点で姿勢が保てていたからと安心できるかといえば、そうではないのです。

使用している低反発マットレスによっては、寝た状態でいるとだんだんと体が沈み込み始めてしまうものもあるのです。

その場合は、寝始めは大丈夫でも、夜中になると姿勢が崩れてしまうのです。

店頭などでマットレスを試してみる場合でも、1分程度しか寝た状態ではいないでしょう。

そのため、長時間寝た場合を試すことはありません。

結果、自分でも気づくことができないのです。

体重が重い人はより注意

体重が重い人の場合には、他の人が使用しても腰痛の原因とならない低反発マットレスでも、腰痛になってしまうことがあります。

これは、体重によって沈み込む力が異なるからです。

当然、体重の重い人ほどマットレスにかかる沈み込む力は大きなものになります。

この力が大きすぎると、低反発マットレスが持つ反発力が沈み込む力に勝てなくなってしまいます。

元々低反発マットレスは高反発マットレスに比べて反発力が低いです。

ですがそれによって、柔らかく体を包みながらも、体が沈み込みすぎないように力を働かせているのです。

ですが体重が重い人には、その反発力が意味を成さなくなり、ただ単に柔らかいマットレスになってしまいます。

ただの柔らかいマットレスが腰痛には悪いということは広く知られていることでしょう。

ですので、体重の重い人には、腰痛対策としては低反発マットレスでなく体重を受け止めきることができる高反発マットレスがおすすめです。

低反発マットレスマットレスを使用する際の目安は、体重60kg程度であるとされています。

実は身長が関係することも

低反発マットレスによる腰痛と体重の関係を説明してきましたが、実は身長が関係してくることもあるのです。

同じ体重の人でも、身長が異なるとマットレスの沈み込み方に違いが生まれます。

これは、身長が低い人の方がマットレスに触れる面積が少なくなるためです。

マットレスに触れる部分が少ないということは、その分1箇所にかかる体重は重くなります。

そのため、身長によってマットレスが支えることができる体重が異なるのです。

体圧分散ができなくなる

低反発マットレスに体が沈み込みすぎてしまうと、寝た姿勢が悪くなり、腰痛になると紹介しましたが、沈み込みすぎてしまうことによりもう一つ異常が起こります。

それは、体圧分散ができなくなってしまうという点です。

体が沈み込んでいってしまうことにより、姿勢が崩れ、体の全体に等しく圧力がかからなくなってしまいます。

また、姿勢が崩れることで、体の一部分が浮いてしまうこともあります。

これらのことが体圧分散を狂わせてしまうのです。

すると、腰の部分に圧力が集中してしまい、疲労してしまいます。

この疲労により、腰痛となってしまうのです。

寝返りが打ちにくい

寝ている間は無意識なので気づいていないでしょうが、みなさんは寝ている間に寝返りを何度もしています。

そしてこの寝返りができないことで、腰痛となってしまうのです。

寝返りの役割

人間は寝ている間に、平均20回は寝返りを打って体勢を変えていると言われています。

この寝返りは、体を動かすことで体の同じ部分に負担がかかり続けないように、負荷を分散しているのです。

もし仰向けに寝ていたとすると、全体がマットレスに触れていたとしても、どうしても重いお尻の部分への負担が大きくなってしまいます。

ですが寝返りによって横向きになったりすることができ、マットレスと接する部分を変えることができるのです。

それによって、負担のかかる部位を入れ替えているのです。

低反発マットレスではどうなる?

低反発マットレスは寝ることで、体にしっかりとフィットしてくれます。

このフィット感はマットレスの柔らかさもあり、高反発マットレスとは比べ物にならないほどフィットします。

ですが、低反発マットレスはフィットしすぎてしまうため、その状態から動きにくくなってしまいます。

すると、寝返りが打ちづらくなってしまいます。

特に寝ている間は無意識の状態なので、より動かしにくくなってしまいます。

腰痛の症状があるという方の中には、腰痛は動かさない方が良いと考えている人もいることでしょう。

ですが、ずっと同じ姿勢でいるのは腰への負担が大きく、動かす必要があるのです。

寝返りを打ちにくい状態になると、おしりや腰の同じ部分に負担がかかり続けてしまいます。

すると、その部分に疲労がたまり、筋肉が固まるようになってしまいます。

その結果、腰痛となってしまうのです。

寝返りは加齢にも関係が

この寝返りについては、加齢とともによりしにくくなっていきます。

それは、加齢により筋肉がだんだんと柔軟性を無くしていくためです。

若い頃は筋肉にも柔軟性があるため、低反発マットレスが柔らかくても多少なら寝返りを打つことができます。

ですが加齢とともに筋肉が硬くなっていくと、同じマットレスでも寝返りが打てないようになってしまうのです。

マットレスが厚すぎる

低反発マットレスでも、マットレスが厚い場合には腰痛になってしまうことがあります。

先ほどから紹介しているように、沈み込みすぎると腰痛になってしまいます。

ですが、使用している低反発マットレスが薄い場合には、この沈み込みを解消してくれる可能性があります。

薄いマットレスの場合、沈み込んだ際に床に触れることがあります。

すると、マットレスはそれ以上沈み込むことができません。

ですが厚いマットレスの場合、どれだけでも沈み込むことができます。

すると、姿勢の歪みもより大きいものになってしまうのです。

枕の問題

寝た姿勢では、腰やお尻の部分だけでなく、頭の重さも関わってきます。

頭はかなりの重さがあるため、柔らかい低反発マットレスでは沈み込んでしまいます。

そのため、枕での高さの調節がより難しくなってきます。

枕の高さでうまく調節しなければ、体のカーブがおかしくなってしまい、姿勢が崩れてしまいます。

肩などへの影響が大きいですが、腰に影響して腰痛となってしまうこともあるので注意が必要です。

まとめ

低反発マットレスは、確かに腰痛対策のマットレスとして一般的には有名です。

ですが説明されることは少ないですが、実はすべての人にとってそのような効果があるわけではありません。

人によっては、逆に腰痛の原因となってしまうこともあります。

自分に合ったマットレスを探すには、多くの人が使っているから選ぶのではなく、情報を踏まえた上できちんと理由をもって選ぶことが大切です。

参考URL・参考文献・根拠など

https://exquery.net/%E4%BD%8E%E5%8F…
https://xn--zcktap0g6c6495ag3vbzfju…
https://exquery.net/%E4%BD%93%E5%9C…