低反発マットレスの腰痛を防ぐには?4つの対策

低反発マットレスは、体を跳ね返す力が、通常よりも弱くなっています。

そのため、体を乗せたときに沈みやすくなり、姿勢の維持が難しくなることもあるのです。

よい姿勢が保てなければ、腰痛を防ぐことはできません。

痛みを抑えて快適に使うなら、何か対策が必要になります。

では、低反発マットレスでも腰痛を回避できる方法について、詳しく説明していきましょう。

沈みすぎないものを選ぶ

低反発マットレスの腰痛を防ぐなら、沈みすぎによる姿勢の乱れをなくすことが大切です。

体が深く沈むと、くの字に曲がった状態になるため、腰によくありません。

そんな状態で一晩過ごしていれば、ダメージがどんどん蓄積され、痛みを感じることになるのです。

低反発だと、沈んだ状態からなかなか元の形に戻らないため、姿勢の維持は余計に難しくなります。

そうした失敗を避けるなら、適当に選んではいけません。

沈むと気持ちよさを感じられるため、「低反発」という文字に釣られ、よく考えずに決めてしまうこともありますが、それはNGな買い方です。

あまりにも沈みすぎるものを引き当てると、よい姿勢を保つことができません。

低反発の気持ちよさを感じつつ、腰痛をしっかり防ぐためには、沈み方が適度なものを選ぶようにしましょう。

背骨のカーブを維持

あまり沈みすぎない低反発マットレスなら、腰に負担のかからない正常な背骨のカーブを保つことができます。

人間の背骨は、まっすぐに伸びているわけではありません。

ゆるく湾曲しており、S字カーブのような形になっています。

そのS字カーブを、寝たときもしっかり保っていれば、腰痛を防ぐことができるのです。

沈みすぎるものを選んだ場合は、それが難しくなってしまいます。

カーブがすっかり崩れてしまうため、腰への負担を軽減することができません。

ちょうどよいS字の状態が、不自然な深い曲がり方になってしまい、腰への負担が大きくなるのです。

それを防ぐには、ちょうどよい柔らかさがあるものを探しましょう。

店頭で選ぶなら、試しに寝てみることをおすすめします。

寝返りの回数を減らさない

沈みすぎないものを選ぶようにすると、しっかり寝返りができるようになります。

これも、腰に負担をかけないためには必要なことです。

寝返りの回数が少ない場合は、同じ姿勢を長く続けることになります。

そうなると、どうしても体が痛くなってしまいます。

腰だけでなく、あちこちに不快な痛みを感じることもあるので、動きが少ない状態はよくありません。

椅子に長時間座るとお尻が痛くなるのと同じで、長く固定されたままだと、体への負担が大きくなってしまうのです。

低反発のように形が戻りにくいものは、体の固定が起こりやすいため、特に注意が必要です。

深く沈みすぎないものを選び、なるべくスムーズに寝返りができるようにしましょう。

薄いものを選ぶ

寝るときの姿勢を維持するためには、マットレスの厚みにも注意しなければなりません。

あまり厚いものだと、余計に体が沈むことになってしまうのです。

それでは、背骨の自然なカーブを保つことができないため、腰を痛めやすくなってしまいます。

体の沈みすぎを防ぐためには、少し薄いものを選んでおいてください。

沈む余裕がない

薄い低反発マットレスは、厚みのあるものより、沈み方が浅くなります。

これは、沈むための厚さが足りないためです。

深く沈むには、それなりの厚さが必要になります。

厚みに余裕がなければ、体を乗せてもあまり沈みません。

薄いマットレスには、「気持ちよくなさそう」といたマイナスなイメージもありますが、だからといって厚すぎるものは選ばないようにしましょう。

適度に薄いものを選んでおけば、極端に寝心地が悪くなることはなく、沈みすぎもしっかり防ぐことができるのです。

へたっているときはNG

へたっていると、薄い低反発マットレスでも、腰痛対策にはなりません。

中央に凹みがあるため、結局は体が曲がることになり、姿勢が崩れてしまうのです。

また、底つき感が強くなる可能性も高いため、注意してください。

背中に硬い感触があると、気になって熟睡できなくなることがあります。

できるだけ寝心地をよくしたいなら、へたりがあるものは使わないようにしましょう。

大きな負荷をかけない

へたりを防いで腰への負担を減らすなら、マットレスを長持ちさせる使い方も重要になってきます。

いくら腰に優しいものを選んでも、凹んでしまったのでは、ダメージを軽減することができません。

少しでも劣化を遅らせるためには、余計な負荷をかけないようにしてください。

負荷をかけすぎれば、それだけ劣化が早くなっていきます。

いつも大切に扱うようにすれば、長持ちさせることができるのです。

上で立ち上がらない

マットレスを踏み台として使い、上に立ち上がったりすると、足裏の狭い範囲に負荷が集中します。

すると、普通に寝るときよりも大きなダメージを与えてしまうのです。

へたりを防ぐためには、そうした雑な使い方を避けるようにしてください。

マットレスは、あくまでも寝具です。

きちんと睡眠のためだけに使っていれば、無駄なダメージを与えることはありません。

ローテーションで負荷を散らす

へたりを抑えるためには、裏表や上下をときどき入れ替え、しっかりローテーションさせることも大切です。

いつも同じ部分に負荷をかけていると、どうしてもダメージが大きくなります。

それを避けるには、ローテーションで負荷を分散させる方法がおすすめです。

全体をまんべんなく使い、劣化を遅らせるようにしましょう。

湿気を防ぐ

湿気と腰痛は、一見すると関係なさそうですが、油断してはいけません。

マットレスに多量の湿気が蓄積すると、素材が劣化しやすくなります。

そのため、腰痛の原因となるへたりが、かなり早くなってしまうのです。

へたりを防いでよい姿勢を維持するためには、普段から湿気対策をこまめに行い、劣化を遅らせるようにしましょう。

しっかり干す

湿気をためないためには、なんといっても干すことが大切です。

敷きっぱなしにせず、定期的に干すことを忘れないようにしましょう。

ただし、低反発マットレスは天日干しができないので、方法には注意してください。

ウレタンを使った低反発マットレスは、日に当てて干すと、逆に劣化してしまうのです。

長持ちさせるためには、日の当たらない場所に立てかけ、陰干しにしましょう。

日陰は乾燥に向かないイメージもありますが、換気などで風通しをよくしておけば、しっかりと湿気を減らすことができます。

隙間を確保

隙間をぴっちりと塞ぐような使い方は、湿気の逃げ道を塞ぎ、蓄積をひどくしてしまいます。

湿気によるへたりを防ぐなら、壁に密着させず、少し離して設置しましょう。

くっつけすぎていると、通気性が悪くなり、湿気がこもりやすくなります。

壁に寄せるとき、10cmくらいの隙間を確保しておけば、空気が流れ、湿気を逃がすことができるのです。

また、床で使うときも、そのまま敷いてはいけません。

床と裏面が密着すれば、どうしても通気性が悪くなります。

そんなときは、すのこを使って隙間をつくりましょう。

すのこの上にマットレスを敷けば、下から湿気が出て行くため、こもることはなくなります。

まとめ

低反発マットレスには、腰痛になりやすいマイナスのイメージもありますが、どんなものでも必ず痛くなるわけではありません。

体が沈みすぎた状態は確かによくありませんが、ここで紹介したような対策を知っていれば、失敗は防ぐことができるのです。

腰痛につながるデメリットをしっかり潰して、気持ちよく眠れるようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://kaimin-times.com/memory-foa…
https://腰痛敷布団おすすめ…
https://kaimin-times.com/mattress-m…