健康のためにも良い睡眠を、マットレス選びには体重も関係する?

睡眠と言うのは至福の時間だと言う人がいましたが、実際浮世を忘れてリラックスできる時間ですから、できれば起きたくないと考える人少なくないですよね。

しかしそういったいい睡眠も、良い寝具が合ってこそのものです。

特に自分に合ったマットレスでない限り、至福の時間が腰痛の時間に変わってしまったりすることもあります。

マットレス選び、慎重にしたいですね。

良い睡眠を取るための条件は

寝て起きたら疲れていたとか、いくら寝ても疲れが取れない、はては寝ていたら腰痛になってしまったなど、トラブルは結構あるものです。

良い睡眠を取るための条件というものはあるのでしょうか。

寝返りがよく打てる状態であること

一晩に寝返りをうつ回数は、かなりのものになります。

これが少ないと結果、腰痛になったり熟睡できなかったりします。

例えば怪我や手術後の傷が痛む時、寝返りを打つと痛みが増しますね。

そういった時の睡眠は、痛みのせいだけでなく浅いものです。

寝返りが打てないせいです。

また高齢者の場合も、寝返りを打つ筋肉量が減れば結果、睡眠が浅くなり早くに目が覚めてしまったりします。

そして若い人でも、冬など重い掛け布団をかけていて、寝返りが打ちづらい場合は朝の目覚めがイマイチ、になったりもします。

これほど寝返りというものは、熟睡に必須のものなのです。

睡眠中の姿勢が不自然にならないこと

特に仰向け寝をメインでしている人の場合、横になった時の背骨から骨盤にかけての形は大事です。

この時に、腰が沈みすぎていたり逆に浮いていたりすると、それだけで身体は不自然な状態を強制されます。

それでも睡魔に負けて寝てしまった場合、起きた時に腰痛を感じたりすることになります。

床で寝た時に朝身体が痛くなるというのも、一番重く沈み込みやすい腰の部分、お尻の部分が硬い床で沈んでくれない結果です。

反った形で寝ていることになるからですね。

単に硬い床に身体が当たって痛いだけでは無いのです。

一箇所に体重がかからないこと

床に直接寝たりした場合、腰の部分に体重が多くかかります。

お尻が出っ張っているので、結果そういうことになるのです。

また枕がなければ、後頭部にもかなりの重量がかかります。

そしてこれは結構盲点なのですが、踵の部分にも重さがかかってきます。

病気などで寝たきりになった場合、床ずれが出来るのはこういった部位です。

床ずれだけでなく普段でも、この集中的に重さがかかる部分があれば、そのために背骨の位置が悪くなったり骨盤の傾きが大きくなったりしてしまいます。

結果いい睡眠が得られなくなったり、起きた時に腰痛が発症したりするのです。

良い睡眠はマットレスにかかってくる

寝た時の姿勢が睡眠に関わってくるのですから、つまりはマットレスに睡眠の良し悪しがかかってくると言うわけです。

マットレスが自分に合っていなかった場合、いい睡眠は得られません。

時間的には充分に寝ているのに疲れが取れない、運動もしているのに起きた時に腰痛が起きるなど、不調の原因になるのです。

合っていないマットレスは、休息の時間を真逆にしてしまうのですね。

自分に合ったマットレス探しは、睡眠のための最重要課題ということになります。

マットレスの種類が多すぎて

その昔は誰でも、綿の敷き布団で寝ていました。

それが原因で腰痛になった人もいたでしょう。

しかしある意味、選択肢がそれしか無かったのですから、諦めるしかありませんでした。

しかし現在では、多くの種類のマットレスや敷き布団が、市場にあふれています。

おかげで選ぶのも難しくなってしまいました。

またCMやネットの宣伝でも、新しい素材のものが次々に紹介されています。

一体どれがいいのか、迷うのは当然です。

しかしいくら有名人が、これは最高のマットレスと宣伝していても、それが自分に合うかどうかは別物です。

そのあたりもしっかりと見極めなくてはなりません。

特に使用者の体重には、注意したいものですね。

マットレス選びに体重は関わってくるのか

マットレスを選ぶ際に、使用者の体重も計算に入れておく必要があります。

極端な話ですが、100キロの体重の人と40キロの体重の人では、理想的なマットレスに違いが出てきます。

体重軽めの人のマットレス

体重が50キロ位までの、女性に多い軽めの体重の人の場合、マットレスは実は柔らかめがおすすめです。

現状では硬めのマットレスのほうが体重分散にも優れ、ヘタレも少ないと言われています。

実際それも事実なのですが、あまり硬いマットレスの場合体重の軽い人だと、腰が沈んでくれないのです。

一番突き出してしかも重いのが腰の、お尻の部分です。

これが適度に沈んでくれないと、反り返った姿勢になってしまい、腰痛などのもとになります。

柔らかいマットレス、低反発ウレタン系のものだと今度は沈み込みすぎて、腰の部分がVになってしまい、腰痛が起きやすいと言われています。

また身体が沈み込むので、寝返りも打ちにくくなると言われます。

しかし体重が軽めの人の場合、そちらのほうが適度に腰が沈んでくれることが多いのです。

またその体重の軽さから、全身が沈むことがあまりないので、寝返りについてもそれほど問題が起きないのですね。

勿論柔らかすぎるマットレスは、いくら体重が軽くてもおすすめできませんが、適度な柔らかさのものを選ぶことをおすすめします。

体重が重い人の場合は

体重が重いということは、やはり身体全体が沈み込みやすいということです。

なので柔らかいマットレスだと、全身が沈み込んでしまい寝返りも打ちづらくなります。

腰もより沈み込むので、V字になってしまい腰痛のもとにもなります。

またそれだけの体重をかけるので、柔らかいマットレスだとヘタレも早く来てしまいます。

なので硬めのマットレスがおすすめになりますね。

特に太った人だけではありません。

アスリートなどが推奨しているのが硬めのマットレスですが、彼らの場合同じ体型の人よりも体重があるのです。

加えて筋肉が強いので、身体を跳ね返す形の硬めのマットレスのほうが、筋肉的にもフィットするのです。

痩せている太ってるだけからではなく、体重や筋肉の強さでもこの点チェックしてみてください。

2人で使用するマットレスの場合

新婚さんの場合、ダブルのベッドやマットレスを用意することが多いでしょう。

この場合もできれば、お互いの体重を考慮に入れてのマットレス選びをしてください。

あまりに体重が違う場合、2枚のマットレスを用意することをおすすめしたいです。

同じサイズで、素材だけが違うものを用意すれば、互いに気持ちよく眠れます。

ベッドも同じことで、ダブルベッドではなく2台のシングルベッドを使用すれば、それぞれにあった寝心地が保証されます。

特に1枚のマットレスを2人で使用した場合最も困るのが、体重が重い人のほうが沈み込んでしまうということです。

結果、そちら方向に斜めに傾斜が起きて、寝心地だけでなく身体も斜めにかしいでしまい、健康のためにも良くない寝姿勢になってしまうのです。

電車のシートなどで独立していないものだと、隣に体重の重い人が座った場合身体がそちらに傾きますね。

申し訳ないけど、大変に気持ちも腰の具合もよろしくありません。

それと同じことなのです。

同じベッドを分け合うのも理想ですが、健康と良い睡眠のためにも譲歩をおすすめしたいところです。

まとめ

体重を考慮に入れてマットレスを選ぶのは、実は大事なことです。

単純な話、体重が軽ければマットレスも長持ちしますし、柔らかめのヘタレやすいマットレスでも結構長く使えます。

体重が重い人の場合、身体のことだけでなくマットレスのヘタレ的にも、硬めのもので長持ちさせたほうがお得となりますね。

経済的にも健康的にもいい睡眠のためにも、体重や筋肉のことも頭に置いて、マットレスを選んでください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!