寝たら腰を痛めた!腰痛を起こしやすいマットレスとは?

「なんだか最近、朝起きたら腰が痛い」ということはないですか?

腰が痛くなる原因は、重い物を持つ、腰にかかる姿勢をしているなど様々ですが、マットレスが腰痛の原因になることもあります。

では、腰を痛めやすいマットレスとは、どのようなマットレスなのでしょうか。

ここでは、腰痛を起こしやすいマットレスを紹介していきます。

また、枕や寝姿勢が寝起きの腰痛に関係していることも紹介していくので、寝起きの腰痛に悩んでいる方やマットレスの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

腰痛を起こしやすいマットレス1.体圧分散性が悪い

マットレスの体圧分散性はとても重要な機能で、体圧分散性が悪いマットレスで寝ていると腰にかかる負担は大きくなり、腰を痛めやすくなります。

そのため、睡眠による腰痛を防ぐには、体圧分散性が良いマットレスを使うことが大切ですが、「体圧分散性ってなに?」と思う方もいることでしょう。

体圧分散性とは、とてもシンプルに説明すると、マットレスにかかる圧力を分散させる機能のことです。

寝ようと思ってマットレスの上で横になると、マットレスには横になっている人の重みが加わります。

重みが加わるということはマットレスには圧力が加わることになりますが、体圧分散性が悪く、圧力が部分的に集中してしまうと、身体には部分的に負担がかかってしまい、腰痛などの原因になります。

では、どうすれば、身体にかかる負担が少なくなるのかというと、マットレスにかかる圧力を分散させれば良いのです。

マットレスにかかる圧力が分散されることで、身体には部分的に負担がかかりにくくなるため、腰を痛めにくくなります。

体圧分散性が悪いマットレスで毎日眠ることは、腰痛を起こす原因になるため、体圧分散性が悪いマットレスは使わないようにしましょう。

腰痛を起こしやすいマットレス2.柔らかすぎるマットレス

使っているマットレスが柔らかすぎることも、腰痛の原因になります。

柔らかすぎるマットレスの上で横になっていることを想像してみてください。

身体がマットレスに深く沈み込み、身体が包まれているような感じがするかと思います。

では、マットレスに身体が深く沈み込むとどうなるのかというと、深く沈み込むことで身体はマットレスにハマったような感じになり、眠っている時に身体が動かしづらくなります。

眠っている時に身体が動かしづらくなるということは、寝返りが打ちにくくなるということです。

寝返りが打ちにくくなれば、寝返りをする回数が減ってしまったり、寝返りを打つために余計な力を使ってしまったりします。

一般的に人は、一晩に18~26回くらいの寝返りを打ちます。

あまり意識しないで打っている寝返りですが、寝返りを打つことには意味があります。

その意味とは、身体を固まらないようにして、血流が悪くならないようにするためです。

睡眠中、寝返りを打たないでじっとしていると、身体は固まり、血流は悪くなってしまい、身体に負担がかかって健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、睡眠中に寝返りを打つことは大切で、寝返りの打ちやすいマットレスで眠ることが大切です。

しかし、柔らかすぎるマットレスで眠ると寝返りは打ちにくくなり、寝返りの回数が減りやすくなります。

寝返りの回数が減ることで身体には負担がかかってしまい、腰を痛めてしまうこともあります。

そのため、寝起きの腰痛を防ぐために、柔らかすぎるマットレスは使わないようにしましょう。

腰痛だけでなく睡眠の質も悪くなる

マットレスが柔らかすぎると身体が深く沈み込み、マットレスにハマったような感じになるため、寝返りを打つ時は通常よりも力が必要になります。

つまり、余計な力を使って寝返りを打つことになり、自然な寝返りを打つことが難しくなります。

余計な力を使うと、意識して寝返りを打つことが多くなり、目が覚めやすくなります。

頻繁に目が覚めることで睡眠の質は低下し、睡眠の質が低下することで身体の疲れは取れにくくなります。

そのため、柔らかすぎない自然な寝返りを打つことができるマットレスを使うことをおすすめします。

寝起きの腰痛は枕や寝姿勢も関係している

寝起きの腰痛は、マットレスだけが原因とは限りません。

使っている枕や眠っている時の姿勢も腰痛に深く関わっており、それらが腰痛の原因になることもあります。

それでは、枕と腰痛、寝姿勢と腰痛の関係についてそれぞれ詳しく説明していきます。

枕と腰痛

寝起きの腰痛は、使っている枕が原因になることもあります。

では、どのような枕を使っていると腰痛を起こしやすくなるのかというと、自分の体型に合っていない枕です。

枕が自分にとって低すぎる、または高すぎると良くありません。

また、柔らかすぎたり硬すぎたりするのも良くなく、そのような自分に合っていない枕を使って毎日眠っていると、自分にとって理想的な寝姿勢をとることが困難になります。

寝返りも打ちにくくなるため、眠っている時に身体にかかる負担は大きくなり、腰を痛めてしまうことがあります。

ですから、寝起きの腰痛を防ぐには、マットレスの選び方だけでなく枕の選び方も重要になります。

なるべく自分に合った枕を使うようにしてください。

寝姿勢と腰痛

悪い寝姿勢が腰痛の原因になることもあります。

悪い寝姿勢とは、身体に負担がかかる寝姿勢です。

では、身体に負担がかかる寝姿勢とは、どのような寝姿勢なのかというと、うつ伏せ寝です。

仰向けや横向きだと寝にくく感じ、うつ伏せだと寝やすく感じるという方もいますが、うつ伏せで寝ると腰が反ったような姿勢になります。

その、腰が反ったような姿勢が長い時間続くと、腰には大きな負担がかかってしまい、腰を痛めるリスクは高くなります。

そのため、うつ伏せで眠ることはあまりおすすめできません。

腰に優しいマットレスの選び方

寝起きの腰痛を防ぐには、腰に負担がかかりにくい、腰に優しいマットレスを選ぶことが大切です。

前述した通り、体圧分散性が悪いマットレスや、柔らかすぎるマットレスは腰痛を起こす原因になります。

そのため、それらのマットレスを使っている場合は、腰に優しいマットレスに買い替えることをおすすめします。

では、腰に優しいマットレスとはどのようなマットレスなのかというと、体圧分散性が高い、柔らかすぎず硬すぎない、へたりにくい、自然な寝返りが打てるマットレスです。

そのことをもっとシンプルに言うと、身体に負担がかからない自分に合ったマットレスです。

では、具体的にどのような種類のマットレスがおすすめなのかというと、体圧分散性に優れた、硬さの丁度良い高反発マットレスです。

寝起きの腰痛はマットレスや枕や寝姿勢を見直すことが大切

腰痛を改善するためにマッサージやストレッチしたり、湿布や薬を使用したり、入浴したりする方は多くいます。

確かにそれらの方法は、腰痛になった原因や症状によっては効果的です。

しかし、マットレスや枕、寝姿勢が腰痛の原因になっている場合は、マッサージやストレッチ、湿布や薬などで腰痛を改善することは困難です。

湿布や薬で腰痛を緩和したとしても、痛みを緩和できるのは一時的で、根本的な原因を解決しないと腰痛を改善することはできません。

そのため、寝起きの腰痛は、マッサージやストレッチ、湿布や薬、入浴などで改善することは難しく、寝起きの腰痛を改善するにはマットレスや枕、寝姿勢などを見直すことが大切です。

寝起きの腰痛の根本的原因になっているマットレスや枕、寝姿勢などを見直し、マットレスや枕が腰痛の原因なら腰に優しい自分に合っているマットレスや枕に取り替え、寝姿勢が腰痛の原因なら、腰に負担がかかりにくい寝姿勢に改善することが寝起きの腰痛を改善する方法になります。

まとめ

マットレスによっては腰を痛めやすいものがあるため、マットレスを選ぶ時は慎重に選びましょう。

また、マットレスだけでなく枕も腰痛の原因になる場合があるため、枕選びも慎重に行うことが大切です。

そして、寝姿勢によっても腰を痛めてしまうことがあるので、腰痛持ちの方は特に寝姿勢には注意しましょう。

それでは、ここの記事を参考にして寝起きの腰痛を防ぎ、快適に生活を送ってください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!