折りたたみマットレスの特徴を紹介! その魅力は利便性?

マットレスが、大型サイズになっている寝具というのは昔の常識で、現在では折りたためるタイプも販売されるようになりました。

このような折りたたみマットレスは、利便性が優れているので、いくつかメリットを得る事ができますが、注意すべきポイントもあるのです。

そこで、折りたたみマットレスのメリットやデメリットなどを紹介しながら、選ぶ際のポイントも紹介するので確認してみて下さい。

折りたたみマットレスの特徴

折りたたみマットレスのメリットやデメリットを把握する前に、まずは、このマットレスの特徴を知る事が重要になります。

そこで、どのような特徴があるのか説明するので、確認してみて下さい。

折り目がついたマットレス

大型サイズになっているマットレスを折りたためるようになっているのは、マットレスに折り目が付いているからです。

日本国内で多く販売されているのが『三つ折りタイプ』のマットレスで『四つ折りマットレス』や『二つ折りマットレス』は少ないのが現状です。

もしも、どの寝具が折りたたみマットレスなのか分からない場合には、寝具に折り目が付いているのか、確認してみて下さい。

サイズがコンパクト

三つ折りタイプのマットレスを購入した場合に、三つに折りたたんだ場合には、高さが3倍になります。

その代わり、長さが3分の1になるので、コンパクトなサイズにする事ができるのです。

そのため、引っ越しをする際には、折りたたみマットレスであれば、新しい自宅へ寝具を運びやすくなります。

転勤をする機会が多くて、寝具を運ぶのが面倒に感じている場合には、三つ折りタイプのマットレスはおすすめです。

折りたたみマットレスのメリット

折りたたみタイプのマットレスは、コンパクトなサイズにできる事から、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットを得る事ができるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

湿気対策

私たち人間が、マットレスで眠ろうとしたら、一晩の間にコップ一杯分もの寝汗をかいてしまいます。

それほどの寝汗をかいてしまう事から、マットレスは湿気がたまっていくので、定期的にマットレスを立てかけなくてはいけません。

本来であれば大型サイズのマットレスは、立てかける事は容易ではありまんが、折りたたみマットレスであれば簡単に立てかける事が可能です。

二段ベッドでも利用しやすい

子供が二人以上もいるご家庭では、二段ベッドを利用している場合が多いでしょう。

二段ベッドを利用した事がある方なら分かるかと思いますが、二段ベッドの二階部分にマットレスを設置する事は、簡単な事ではありません。

しかし、コンパクトなサイズにできる折りたたみマットレスであれば、二階部分でも簡単に設置する事ができます。

折りたたみマットレスのデメリット

コンパクトなサイズにできるのは折りたたみマットレスの大きな魅力ですが、その魅力的な部分が寝心地に悪い影響を与えてしまう事があります。

これは折りたたみマットレスの大きなデメリットにもなるので、詳しく解説しましょう。

折り目が体に接触

折りたたみマットレスで横になろうとしたら、折り目が体に接触してしまいます。

もしも、折り目が体に当たって、痛く感じるようでは睡眠の質が低下してしまうので、注意しなければいけません。

特に、二つ折りタイプのマットレスは、折り目が腰に当たってしまうので、最悪のケースでは腰痛になる可能性もあるので注意して下さい。

体圧分散が難しい

日本国内には、コイル(スプリング)を採用しているマットレスも販売されていて、このコイルが体を点で支える事から、体圧を分散できるようになっています。

しかし、折りたたみタイプのマットレスでは、このように体圧を分散する事が難しい製品が多いので、重くなっている腰が寝具に沈み込みやすくなってしまうのです。

そのため、寝返りを打つ事が難しい場合もあるので、気を付ける必要があります。

折りたたみマットレスを選ぶポイント

折りたたみマットレスは、注意すべきポイントがあるので、購入するべきか戸惑ってしまったかもしれません。

ところが、このデメリットをカバーできる折りたたみタイプのマットレスもあるので、それほど心配する必要がないのです。

実際に、高反発タイプの折りたたみマットレスであれば、体が沈み込みづらくなっているので、折り目が体に接触しても、あまり痛く感じません。

さらに、コイルを利用しているマットレスでも、折りたたみタイプが販売されているのです。

まとめ

折りたたみマットレスは、いくつか注意すべきポイントがありますが、その注意点をカバーできる製品はいくつもあります。

そのため、コンパクトなサイズにできるマットレスを利用したい場合には、注意点をカバーできる製品を利用するようにして下さい。

ただし、折り目のデメリットをカバーするために、硬すぎるマットレスを利用したら、逆に痛く感じてしまう場合もあるので気を付けて下さい。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!