柔らかいマットレスの注意点は?失敗を防ぐ6つのポイント

MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス 無重力睡眠 「超ぐっすりで首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える

マットレスの中には、低反発やポケットコイルなど、柔らかい寝心地の製品があります。

寝たときの感触が柔らかいと、気持ちよさを感じることができるため、ぐっすり眠るにはとても役立ちます。

ただし、柔らかい製品にはデメリットもあるので、使うときは注意してください。

では、失敗しないためのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

柔らかすぎるものは使わない

柔らかいマットレスは、優しく体を受け止めてくれるため、ふんわりとした感触があります。

これは、熟睡につながるポイントです。

ふわふわした気持ちよさがあると、リラックスしてぐっすり眠ることができるのです。

特に、硬めの感触が苦手な人にはおすすめです。

ふんわりと優しい感触のあるマットレスなら、ストレスなく眠れるようになります。

しかし、柔らかすぎるものだと、そうしたメリットが妨げられることになります。

あまりに柔らかいものは、気持ちよくなるどころか、体に負担をかけることになってしまうのです。

よい姿勢が維持できない

自分に合わない柔らかさのマットレスは、体が変な具合に曲がってしまうことが多くなります。

これは、沈みすぎるためです。

柔らかすぎるために、必要以上に深い沈み方をしてしまい、体がぐにゃりと曲がったまま寝ることになります。

そのように姿勢が悪い状態が続くと、体に負担がかかり、痛みを感じやすくなってしまうのです。

腰痛になってしまうときも、そうした姿勢の悪さが原因になることはよくあります。

体が痛いと眠りも妨げられてしまうので、柔らかすぎるものには十分注意してください。

寝返りの回数が減る

柔らかすぎると、体が沈みすぎて、深く埋もれたような状態になります。

そうなると、動きにくくなってしまい、すんなりと寝返りをうつことができません。

これも、体の痛みにつながる要素です。

うまく寝返りができないと、同じ姿勢が長く続いてしまうため、だんだん痛みが強くなっていきます。

じっと椅子に座っていると、お尻が痛くなってしまうのと同じです。

できるだけ楽に眠るためには、少しずつ体を動かして、同じ姿勢を避けなければならないのです。

そのためにも、むやみに柔らかさばかり優先しないようにしてください。

適度な柔らかさが重要

リラックスして気持ちよく眠るためには、自分に合ったちょうどよい柔らかさが重要になります。

深く沈みすぎてしまうものだと、どうしても体に負担をかけることになります。

したがって、「とにかく一番柔らかいものを使おう」という極端な考え方はNGです。

マットレスを選ぶときは、試しに寝てみて、適度な柔らかさの製品をえらぶようにしてください。

敷きっぱなしを避ける

低反発マットレスやポケットコイルマットレスは、柔らかい代わりに、通気性が低くなっています。

そのため、使うときはこまめに湿気対策を行うことが大切です。

スプリングの製品は基本的に風通しがよくなるものですが、ポケットコイルはスプリングが袋で覆われているため、油断は禁物です。

あまり湿気をためすぎるとカビが生えてしまうので、十分注意してください。

そこで重要になってくるのが、敷きっぱなしを防ぐことになります。

裏に湿気がこもる

長く敷きっぱなしにしているマットレスは、裏がまったく空気に触れないため、湿度が上昇していきます。

それでは、カビの繁殖を防ぐことができません。

風通しのよいベッドであれば、少しは蓄積を軽減することもできますが、敷きっぱなしはなるべく避けるようにしてください。

ときどき干して湿気をとばせば、ひどい蓄積を回避することができます。

ただし、日光には注意してください。

ウレタン製の低反発マットレスは日光で素材が劣化するため、天日干しだと寿命を縮めてしまいます。

そのようなタイプは、日の当たらない場所で陰干しにするのがおすすめです。

叩きすぎない

敷きっぱなしにしない使い方ならカビの繁殖は抑えられますが、干すたびにバンバンと叩くのはよくありません。

ウレタン製品は、耐久性も少し低いので、あまり強い衝撃を与えると、へたりやすくなってしまいます。

叩くなら、殴りつけるような強い叩き方ではなく、埃を落とすくらいの軽い叩き方にしてください。

柔らかさのメリットが長く持続するように、丁寧に扱っていきましょう。

裏側に隙間をつくる

柔らかい製品の湿気対策では、裏側に空気の通り道を確保することが大切です。

空気の動きがない状態だと、湿気の逃げ道も塞がってしまうため、カビが喜ぶジメジメした環境を整えることになってしまいます。

それを防ぐためにも、裏にはなるべく隙間をつくり、風通しをよくしておきましょう。

扇風機を活用

裏に隙間をつくるなら、そこに扇風機で風を当てる方法がおすすめです。

いらない雑誌などを挟んで片側を持ち上げ、隙間に風を送ってみましょう。

ときどきこれを行うと、湿気が適度に逃げていくため、蓄積を軽減することができます。

床ならすのこ

床に直接敷いてしまうと、裏がぴったり密着することで、ベッドよりもさらに通気性が悪くなってしまいます。

それを避けるには、すのこを使って隙間をつくりましょう。

すのこの上に敷いておけば、密着を防ぎ、隙間を確保することができます。

ベッドを使わない場合は、ぜひこの方法を試してみてください。

壁に密着させない

壁にぴったりくっつける置き方をすると、周囲の風通しが悪くなるため、湿気がこもりやすくなります。

柔らかく通気性の低い製品を使うなら、そうした環境をつくらないことが大切です。

空気の動きがない場所では、湿気も逃げていきません。

壁に寄せて設置するのであれば、密着させるのではなく、10cm程度の隙間を空けるようにしてください。

その隙間があれば、空気の流れが止まることはないため、湿度の上昇を抑えられます。

同じ面ばかり使わない

先述したように、柔らかいマットレスの耐久性は、それほど高くありません。

ウレタンの製品は特にへたりが起きやすいので、同じところにだけ体重をかける使い方は避けるべきです。

裏表や上下をときどき入れ替え、圧力を分散させるようにしてください。

そのようなローテーションを行っていれば、劣化を遅らせることができるのです。

この方法だと、裏になる面が固定されないため、湿気の軽減にもなります。

劣化につながる要素をできるだけ排除して、長く使っていきましょう。

上に立つ使い方はしない

マットレスは、ちょうどよい踏み台に見えてしまうことがあります。

そのため、高い場所にあるものを取りたいときは、つい上に乗りたくなってしまいますが、それはNGな使い方です。

足裏にすべての体重がかかり、大きな負担をかけることになってしまうのです。

耐久性の低い製品は、そのような使い方をしていると、どんどん劣化していきます。

また、子供が遊び場として使うことも避けておくべきです。

子供の体重とはいえ、上に立って飛び跳ねたりすると、やはり負担は大きくなります。

快適な寝心地を損なわないためには、本来の用途を守り、正しい使い方をしていきましょう。

まとめ

柔らかいマットレスは、とても気持ちよく体を預けることができるので、優しい感触が好みなら、ぜひおすすめです。

ただし、ここで紹介した注意点はしっかり守るようにしてください。

適当に使っていると、体を痛めたり、劣化がひどくなったりします。

デメリットを防いでおけば、より快適に眠れるようになるので、常に正しい使い方をしていきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!