腰痛でも利用しやすい寝具を解説!特に重要なのはマットレス?

MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス 無重力睡眠 「超ぐっすりで首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える

私たち人間は眠る事によって、体の疲れを取っているので、腰痛になっている場合には良質な睡眠を確保する事が重要になります。

良質な睡眠を確保するためには、寝具の選び方が重要になります。

寝具は、枕・布団・ベッドなど様々な物がありますが、特に重要になるのがマットレスです。

そこで、腰痛に悩んでいる方のために、どのような寝具を選んだら良いのか紹介するので、確認してみて下さい。

腰痛におすすめのマットレス

マットレスは、ウレタン・コイル・凹凸・リバーシブルなどのタイプがあります。

それぞれ特徴が違ったり、他の種類と重なったりしているタイプなどがあるのです。

どのマットレスを購入したら良いのか悩んでいる方のために、4つのタイプについて解説しましょう。

ウレタンタイプ

ウレタンは、多くのマットレスで採用されているタイプで、少し特殊な匂いがします。

他のタイプとは違って、独特な匂いがするので、匂いに敏感な方は利用しづらく感じてしまうので注意しなければいけません。

しかし、ウレタンは低反発タイプから高反発タイプがあるので、多くの方たちが自分の体に合う製品を選べます。

低反発タイプは柔らかめの寝具で、高反発タイプは硬めの寝具です。

腰痛になっている場合には、高反発タイプのほうが体に合う方は多くいますが、個人差があるので注意して下さい。

コイルタイプ

コイルタイプとは、コイル(スプリング)を採用しているマットレスの事で『体圧分散』に優れています。

体圧分散が優れていなければ、腰に負担をかけてしまうので、コイルタイプは検討する価値があります。

コイルを採用しているタイプは『ボンネルコイルタイプ』と『ポケットコイルタイプ』などがあるのです。

ボンネルコイルタイプは、コイルが連結されている事から、体をしっかりと支えられるようになっています。

それに引き換え、ポケットコイルタイプはコイルが1本ずつ独立しているので、体を点で支える事が可能です。

ボンネルコイルタイプのほうが通気性は優れていますが、ポケットコイルタイプのほうが腰の沈み込みを抑えやすい製品が多くなっています。

凹凸タイプ

ウレタンはフラット(平ら)な形状になっていますが、凹凸(おうとつ)タイプは、デコボコとした形状になっているので、体を面で支えられるようになっています。

ポケットコイルタイプと同じ原理で、体圧分散できますが、コイルを採用しないで体圧分散できるのが魅力的です。

なぜなら、コイルタイプのマットレスは、寝返りを打つ時にコイルがきしんでしまって、音が出てしまうのです。

音に敏感な方の場合には、睡眠の質が低下してしまうので、コイルの音が気になってしまう場合には、コイルを採用していない凹凸タイプをおすすめします。

リバーシブルタイプ

マットレスは、様々な素材を採用しているので、夏に利用しやすい製品もあれば、冬に利用しやすい製品もあります。

夏に利用しやすいマットレスは通気性が優れている代わりに保温性が優れていなくて、冬に利用しやすいマットレスは保温性が優れている代わりに通気性が優れていない製品が多いのです。

このようなマットレスを利用していたら、1年に2つのマットレスが必要になってしまうので注意しなければいけません。

ところが、数多くある製品の中には『リバーシブル仕様』があって、表面と裏面によって、素材や仕組みが違っている製品があるのです。

リバーシブル仕様の製品の中には、夏用と冬用を1枚のマットレスで使い分ける事ができるので、コストパフォーマンスが優れています。

季節に対応できるマットレスを利用すれば、良質な睡眠を確保しやすくなるので、腰痛に悩んでいる方でも良質な睡眠を確保する事も可能です(腰痛の症状によって違いがあるので注意)。

腰痛におすすめの枕

マットレスは、腰と接するので重要な寝具である事が理解できるかもしれませんが、意外にも枕も大きな関連性があるので詳しく解説しましょう。

体に合う高さ

枕を選ぶ際には、自分の体に合う製品を選ぶ事が重要です。

なぜなら、高さに合わない枕を利用していたら、呼吸しづらいケースがあるからです。

実際に高すぎる枕または、低すぎる枕を利用していたら、首に角度が付いてしまうので、気道が圧迫されてしまいます。

気道とは呼吸をする際に、空気を通る場所なので、圧迫されてしまえば、苦しく感じてしまいます。

軽めの症状であれば、イビキをかく程度で済みますが、最悪のケースでは『睡眠時無呼吸症候群』を発症して、長い時間に渡って息が止まってしまう場合もあるので注意しなければいけません。

そのため、自分の体に合う高さの枕が、おすすめです。

横向きに対応可能

多くの枕は、同じ高さになっている物ばかりです。

真ん中の部分と左右の部分が、同じ高さになっていたら、横向きに寝てしまった場合には首に角度がついてしまうので、首や肩に大きな負担をかけてしまうのです。

首や肩に負担をかけてしまえば、その影響は腰にまで与えてしまう事もあるので、気を付ける必要があります。

実際に、私たち人間の体は、一部分に悪影響が出てしまったら、他の部分にも悪影響が出てしまうのです。

そのため、枕を購入する際には、枕の左右の部分が少し高くなっていて、横向きで寝る際に負担をあまりかけないで済む製品を選ぶようにして下さい。

腰痛におすすめの掛け布団

リバーシブル仕様のマットレスを利用していても、掛け布団にも注意しておかなければ、腰痛が悪化する場合もあるので、その理由を説明しましょう。

冷感のある布団

夏場の季節は気温が高くなってしまうので、暑く感じてしまって、睡眠の質が低下してしまいます。

そのため、夏場の季節には、冷感のある掛け布団を利用したほう良いです。

冷感のない掛け布団を利用していたら、暑く感じてしまって、気づかないうちに布団を蹴飛ばしてしまう場合もあります。

そのような事になれば、布団を全くかけていない状態なので、風邪をひいてしまう恐れもあるので、冷感のある布団を利用してみて下さい。

羽毛布団

冬場の季節は、気温が低くなって、寒くなってしまうので、保温性が優れている掛け布団を利用したほうが良いです。

特に、おすすめなのが『羽毛布団』です。

羽毛布団であれば、保温性が優れているだけではなく、暖かく感じやすいので『腰の冷え対策』を講じる事ができます。

実は、腰を冷やしてしまえば、腰付近の血管が収縮してしまって、体内で疲労物質がたまってしまう場合があります。

腰に疲労物質がたまれば、腰痛が悪化するので、可能であれば羽毛布団を利用したほうが良いです。

腰痛におすすめのベッド

ベッドの場合でも、腰痛に合う製品があって、それが『すのこベッド』や『電動ベッド』です。

それぞれメリットが大きく違うので、詳しく解説します。

すのこベッド

通気性の悪いベッドを利用していたら、ダニが繁殖してしまって、肌を刺されてしまう事があります。

そのような事になれば、睡眠の質が低下してしまって、腰痛が悪化する恐れがあります。

そこで、おすすめしたいのが、すのこベッドです。

すのこベッドであれば、通気性が優れているので、腰痛の方でも良質の睡眠を確保しやすいです。

電動ベッド

腰痛が重症の場合には、ベッドから起き上がる事も難しいでしょう。

ところが、電動ベッドの場合には、ベッドの一部分が起き上がるようになっているので、体を動かさなくても上半身の部分だけが自然に起き上がる事ができるのです。

電動ベッドを利用すれば、腰痛に悩んでいる肩だけではなく、体が不自由になった方でも利用しやすいので、老後の事を考えたら利用価値の高い製品です。

まとめ

腰痛になった場合には、腰にあまり負担をかけない寝具や、睡眠の質をキープしやすい寝具を選ぶ事が重要です。

多くの方たちはマットレスばかりに注目しがちですが、枕・掛け布団・ベッドなども重要になるので、注意しなければいけません。

体に合う寝具を多く用意しておけば、腰痛の悪化を抑える事も可能になるので、今の寝具が体に合わない場合には、腰痛の対策を講じやすい寝具に買い換えてみて下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://item.rakuten.co.jp/marukoma…
https://item.rakuten.co.jp/sakai-f/…
http://www.e-futon-kobo.com/normalp…
https://www.fukafuka-futon.net/prod…
https://kaimin-times.com/types-of-b…