腰痛の方はマットレスの硬さに注目すべき!その理由とは?

アイリスプラザ マットレス ポケットコイル シングル 高密度 コイル数465個 通気性 体圧分散 圧縮梱包

腰痛になってしまえば、マットレスで寝ようとするだけで、腰に激痛が走ってしまいます。

多くの方たちは「腰痛だから仕方がない」と諦めてしまうでしょう。

ところが、マットレスの硬さを変える事によって、腰の痛みが緩和するケースもあるのです。

そこで、なぜマットレスの硬さが、腰痛に影響を及ぼすのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

マットレスの硬さが重要な理由

腰痛の方が、マットレスの硬さに注意したほうが良いのは、腰に様々な影響を与えるからです。

そこで、どのような影響があるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

腰に与える刺激

硬いマットレスを利用しようとしたら、仰向けになっている時に、腰に刺激を与えてしまうので、横向きになりたくなるでしょう。

しかし、横向きで眠っている時間が長くなってしまえば、姿勢が崩れる恐れがあるので注意しなければいけません。

実は、姿勢が崩れて猫背になってしまえば、椅子に座った時に背もたれへ寄りかかったら、お尻が前のほうへズレてしまいます。

そのような姿勢で座っていたら、上半身の体重の負担が、お尻より腰に集中しやすくなってしまうのです。

正しい姿勢をキープするためには、あまり硬すぎないマットレスを利用して、腰に与える刺激を抑えたほうが良いでしょう。

腰の沈み込みを抑制

柔らかめのマットレスであれば、腰に与える刺激は少なくなりますが、柔らか過ぎても腰に悪い影響を与えてしまいます。

なぜなら、柔らかいマットレスを利用してしまえば、重くなっている腰が寝具に沈み込んでしまうからです。

腰が沈み込んでしまえば、体圧が腰に集中して痛みが増してしまうので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、適度な硬さになっているマットレスが、おすすめです。

寝返りの打ちやすさ

適度な硬さになっているマットレスを選べば、腰の沈み込みと刺激を抑えられるだけではなく、寝返りも打ちやすくなります。

実は、腰が寝具に沈み込んでしまえば、隣へ寝返りを打ちづらくなるので、同じ姿勢で眠り続けてしまうのです。

そのような事になれば、仰向けになっている時間が長くなってしまいやすいので、腰にかかる負担が大きくなります。

腰にかかる負担を軽減するためには、寝返りを打つ事は極めて重要なので、適度な硬さになっているマットレスを選ぶようにしましょう。

マットレスの選び方

腰痛に悩んでいる場合には、硬さだけではなく、素材を選ぶ際にも注意しなければいけません。

そこで、マッットレスの選び方について解説するので、確認してみて下さい。

ニュートン

マットレスの硬さは『N(ニュートン)』という記号で表されていて、大きな数値になっているほうが硬めのマットレスになっていて、小さな数値になっているほうが柔らかめのマットレスになっています。

75N以下が柔らかくなっていて、110N以上になっていたら硬めと言われていますが、個人差があるので注意しなければいけません。

そのため、可能であれば寝具店へ足を運んでみて、自分の体に合う硬さのNの数値を確認してみて下さい。

ウレタン

数多くのマットレスは『ウレタン』という素材を使っていて、Nの数値を表示している製品が多いです。

ただし、ウレタンは特殊な匂いがするので、利用者によっては臭く感じてしまって、睡眠の質が低下してしまうケースが多くあるのです。

私たち人間は、眠る事によって体の疲れを取っているので、睡眠の質が低下したら腰の疲れがたまってしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

ウレタンのマットレスを購入した後に、臭く感じた場合には、部屋の窓を開けて換気したほうが良いです。

ただし、部屋を喚起しても匂いがあまり緩和されないように感じてしまうケースもあるので、心配になってしまう場合には、ウレタンのマットレスを購入するべきか慎重に検討したほうが良いでしょう。

スプリング

ウレタンの匂いが苦手な場合には、特殊な匂いがしない『コイルマットレス』のほうが、利用しやすいです。

コイルとはスプリングの事で『ポケットコイルタイプ』と『ボンネルコイルタイプ』などがあります。

ポケットコイルタイプは、コイルが1本ずつ独立している事から、体圧を分散しやすくなっていますが、少し柔らかめのマットレスです。

ボンネルコイルタイプは、コイルが連結されている事から、体をしっかりと支えられますが、少し硬めのマットレスです。

それぞれ特徴が違うので、あなたの体に合うタイプを選ぶようにしましょう。

高反発と低反発

マットレスは、高反発タイプと低反発タイプがあるので、どちらのほうを選んだら良いのか、悩んでしまう方は多いでしょう。

そこで、2つのタイプについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

高反発マットレス

体重が重くなっている場合には、腰が寝具に沈み込みやすいので、低反発タイプよりも高反発タイプのほうが、おすすめです。

実際に、高反発タイプは刺激が強くなっていますが、腰が寝具に沈み込んだら、体圧が集中する上に寝返りを打ちづらくなるので様々な悪影響があります。

そのような事を考えたら、多少の刺激があっても、体重が重くなっている場合には高反発タイプを選んだほうが良いです。

低反発マットレス

体重が軽くなっている方が、高反発タイプを利用したら、腰が寝具から浮いてしまうので注意しなければいけません。

実際に、腰は少し湾曲しているので、腰が寝具に全く沈み込まなければ、浮いてしまって、筋肉が緊張状態に陥ってしまいます。

そのような事になれば、眠っている最中に腰が痛く感じやすいので、体重が軽い方は低反発タイプのほうがおすすめです。

寝心地が変わってしまうケース

マットレスを購入した時には、寝心地がよく感じられたのに、途中で悪くなってしまうケースがあります。

寝心地が悪くなれば、腰痛が悪化する恐れがあるので、なぜ寝心地が変わってしまうケースがあるのか解説しましょう。

品質が劣化

マットレスを利用していくうちに、寝具がへたっていく事があります。

なぜなら、重くなっている腰を支えていけば、寝具に大きなダメージを与えていくからです。

へたってしまったマットレスの利用を続けてしまえば、腰が沈み込みやすくなるので、注意する必要があります。

実は、マットレスの向きを定期的に変えておけば、腰を支える場所を変えられるので、へたり対策を講じる事が可能です。

そうすれば、長い間に渡って、マットレスの利用を続ける事もできます。

体重が変化

自分の体重に合うマットレスを購入しても、体重が変わってしまえば、寝心地は変わってしまいます。

そのため、体重が増えやすい方の場合には、寝心地が変わってしまうので、食生活に注意しなければいけません。

体重があまり変わらなければ、寝心地はあまり変わらないのですが、心配になってしまう場合にはコイルマットレスを検討したほうが良いです。

なぜなら、コイルマットレスは体圧を分散しやすいので、体重が少し変わっても、あまり寝心地が悪くならないからです(個人差があるので注意)。

まとめ

マットレスを買い換えようとしたら、手間暇をかけてしまう上に、お金も使う事になるので、面倒に感じてしまうでしょう。

しかし、腰痛に悩まされやすいマットレスを利用していたら、腰痛の症状が悪化して、治療費のためにお金を使う事になってしまいます。

そのような事を考えたら、少し面倒に感じても、早めのうちに、自分の体に合うマットレスを購入したほうが良いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.iine-no-singu.com/mattre…
https://my-best.com/367
https://exquery.net/mattress-hardne…