腰痛を起す!寝返りを打つ回数が少なくなるマットレスとは?

人間は睡眠中に寝返りを打ちますが、その行動には意味があります。

寝返りを打つことによって身体への負担を減らすという意味があり、寝返りが少ないと筋肉は固まり、身体を痛めてしまうことがあります。

そのため、寝返りを自然に打てる睡眠環境で寝ることが大切ですが、使用しているマットレスによっては、寝返りが打ちにくくなってしまう場合があります。

では、寝返りが打ちにくいマットレスとはどのようなものなのでしょうか?

幅に余裕がない

寝返りが少なく感じている場合は、現在使っているマットレスの幅を確認しましょう。

寝返りを打つ際は右に左に身体を動かすので、幅に余裕がないと寝返りがしにくくなってしまいます。

幅が足りないことから「寝返りを打つとマットレスから落ちるのでは?」という意識がどこかにあるので、寝返りを打ちたくても打たなくなってしまいます。

寝返りをしなくなってしまうと、身体は大きな負担がかかってしまいます。

寝返りを打つ回数が少ないということは、長い時間同じ姿勢でいることが多いということになります。

同じ姿勢でいる時間が長いと筋肉は固まり、血液の流れは悪くなり、肩や腰、背中などを痛めやすくなります。

また、睡眠の質は低下してしまい、「疲れが取れない」ということが起きてしまいます。

そのようなことを避けるためにも、幅が十分にないマットレスは使わないようにしましょう。

1つのマットレスを2人で使う場合は注意

1つのマットレスを2人で使う場合は、幅がとても広いものでないと寝返りを打ちにくくなってしまいます。

シングルタイプだと、2人で使うには当然幅が狭すぎます。

狭すぎると、ちょっと動いただけでも一緒に寝ている人にぶつかってしまうので、気兼ねなく寝返りを打つことはできなくなります。

そのことが原因となって寝返りを打つ回数が減りやすくなり、朝起きた時に「疲れが取れないどころか、なんだか疲れた」という困ったことが起きてしまいます。

幅に余裕がないマットレスに2人で寝ることには、密着しやすいというメリットがありますが、寝返りが打ちにくくなるというデメリットもあるので、2人で1つのマットレスを使う場合は幅に余裕のあるタイプを購入しましょう。

幅に余裕があることで寝ている時に動きやすくなり、安楽に眠ることができます。

自分の身体の大きさに適したものを選びましょう

マットレスを1人で使う場合でも、自分の身体の大きさに適していないものだと、寝返りは打ちにくくなってしまいます。

身体が大きい人が、セミシングルなど小さめのマットレスを使っていると、少し動いただけでもマットレスから落ちやすくなるので、無意識に身体を動かさないようにしてしまいます。

そうすると、寝返りを打つ回数は極端に減ってしまい、身体には大きな負担がかかってしまいます。

ですから、身体が大きいごっつい方は、大きいマットレスを選ぶようにしましょう。

ある程度動いても落ちる心配がないものなら、寝返りが制限されるようなことはなくなります。

自分の身体の大きさを把握し、それに合ったサイズのマットレスを選び使うようにしましょう。

柔らかすぎる低反発マットレス

低反発マットレスは、基本柔らかい寝心地のマットレスですが、柔らかすぎる低反発マットレスには注意が必要です。

低反発マットレスはただでさえ寝返りが打ちにくく、腰に良くないものと言われており、柔らかすぎるものだと更に寝返りが打ちにくくなってしまいます。

では、なぜ低反発マットレスは寝返りが打ちにくいと言われているのかというと、柔らかいことで身体が沈み込みすぎてしまうからです。

身体が沈み込みすぎれば、動きにくくなるのは想像できるかと思います。

ですから、柔らかすぎる低反発マットレスはもっと良くなく、身体を動かしにくいことで寝返りの回数が減ってしまいます。

柔らかいと気持ちよさそうですが、柔らかすぎるものは腰に良くありません。

ですから、身体の動きを邪魔しない硬さのマットレスを使うことが大切なのです。

腰が浮いてしまう硬すぎるマットレスも良くない

先程話したように、柔らかすぎるマットレスは寝返りを邪魔するため腰に良くありませんが、逆に硬すぎるものも良くありません。

硬すぎるマットレスというのは実際にあまりありませんが、硬すぎることで腰が浮いてしまい、腰には負担がかかりやすくなります。

寝返りを打つことができても腰痛を起こしやすいので、身体が全く沈み込まない硬すぎるマットレスは選ばないようにしましょう。

適度に身体が沈み込んだほうが体圧を上手く分散することができ、腰にかかる負担は少なくなります。

また、寝返りも打ちやすいので熟睡しやすくなります。

寝返りが打ちやすいのは適度な硬さの高反発マットレス

寝返りが打ちやすいものを選ぶなら、適度に身体が沈み込む硬めの高反発マットレスがおすすめです。

そのようなマットレスなら、反発力によって適度に身体を押してくれるので、寝返りが打ちやすくなります。

余計な力を使わず自然な寝返りを打つことができるので、良質な睡眠が取りやすくなります。

ヘタったマットレス

硬めのマットレスでも、使うことや年月が経過することで劣化しヘタってしまうと、寝心地が柔らかくなってしまう場合があります。

柔らかくなってしまうと、柔らかすぎるマットレスのように身体は不必要に沈み込んでしまい、寝返りが打ちにくくなってしまいます。

寝返りが打ちにくくなれば、どうしても寝返りの回数は減ってしまい、身体には負担がかかってしまいます。

そのように、ヘタって反発力が弱くなることも、寝返りが少なくなる原因になります。

ヘタったら買い替えを検討しましょう

寝返りを打つ回数が減るほどヘタった場合は、マットレスの買い替えを検討しましょう。

買い替えないで、いつまでもヘタったものを使用していると身体にはよくなく、腰を痛めたり、疲れが取れなかったり、朝スッキリと起きられなかったりしてしまう可能性があります。

ですから、勿体ないからといっていつまでもヘタったマットレスを使用せず、寝具店に行って自分に合ったものを購入するようにしてください。

自分の体型に合っている寝返りの打ちやすいマットレスに買い替えることで、身体にかかる負担は少なくなり、熟睡しやすくなり、快適に眠ることができます。

薄すぎるものは寝返りをしても身体には負担がかかりやすい

マットレスは商品によって厚さが異なりますが、薄すぎるものは寝返りの回数が減らなくても、身体には負担がかかりやすくなります。

それは、厚さが薄すぎると底つき感を感じやすくなるからです。

底つき感を感じるということは、硬すぎるマットレスで眠っているような状態になるということになります。

前述した通り、硬すぎるマットレスは寝返りが打てても、身体にかかる負担は大きくなります。

薄すぎる場合の対処法

マットレスが薄すぎて底つき感を感じる場合は、トッパーや厚めの敷きパッドなどを使うことをおすすめします。

それらを使うことによって厚みを出すことができ、薄すぎるマットレスでも底つき感を感じにくくなります。

そのことによって寝心地が良くなり、寝返りも快適に打つことができ、腰や肩や背中などにかかる負担は少なくなります。

まとめ

マットレスは快適に寝させてもらえるアイテムなため、寝返りが打ちにくくなって寝にくくなるマットレスは避けるべきです。

幅のスペースが十分にないものや柔らかすぎるものだと、身体が動かしにくくなり、自然な寝返りを打つことはできなくなります。

ここで説明したことを参考にして、寝返りが打ちやすいマットレスを選び使うようにしましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://suzuki-mattress.jp/turning-…