腰痛対策で自分にピッタリな硬さのマットレスを選ぶ時のポイント

Sweetnight マットレス シングル 高反発 低反発 二層構造 敷布団 寝返りサポート 寝具 耐圧分散 通気性 感温性 快適 腰痛改善 底付なし 折り畳み 抗菌 防臭 防ダニ 健康マットレス カバー洗える 収納袋付き 1年メーカ保証 100x200x5cm

寝起きで腰が痛いと、「マットレスが自分に合っていないのかな?」などと思いやすいものです。

腰痛になると日常生活に支障をきたすことがあるため、マットレスは自分に合っているものを使いたいですよね。

マットレスを選ぶ際、重要になるのが硬さです。

腰に優しい硬さをしていないと、当然腰を痛めやすくなります。

ここでは、自分にピッタリな硬さのマットレスを選ぶ時のポイントを説明していくので、どのような硬さのものを選べば良いのか悩んでいる方は参考にしてみてください。

腰に優しいマットレスの硬さとは

腰の痛みが気になる方が、マットレスを選ぶ時に気にするのが硬さです。

ふっくらとした柔らかいものが良いのか、弾力性の高い硬いものが良いのか悩んでしまいますよね。

では、腰痛にはどのような硬さのマットレスが良いのかというと、硬めのものがおすすめです。

腰が痛い場合、腰が深く沈み込まず、適度に沈んで支えるものを使うことが大切です。

ふっくらとした柔らかいマットレスは、その感触から気持ちよく感じますが、柔らかすぎるということは反発力が低いことになるので、腰は沈み込みすぎてしまいます。

腰が沈み込み過ぎてしまうと、腰をしっかり支えることはできず、睡眠中、腰には負荷がかかり続けてしまいます。

腰に負荷がかかり続ければ腰は休むことはできないので、腰を痛めたり、腰痛が酷くなったりする原因になります。

ですから、腰が沈み込み過ぎない硬めのマットレスが腰痛には最適なのです。

硬すぎるマットレスは良くないが

先程、腰が適度に沈み込み、しっかり支える硬めのマットレスが腰痛には最適ということをお話ししましたが、硬すぎるものは良くありません。

硬すぎると、ほとんど腰が沈まず、腰が浮いたような感じになってしまいます。

そのことにより、腰には大きな負担がかかってしまい、寝起きの腰痛が起きてしまうことがあります。

そのため、硬すぎるものは腰に良くないといわれいますが、実際、硬すぎるマットレスはあまり販売されていません。

当たり前のことですが、フローリングのような硬さのマットレスは販売されていなく、販売したとしても買う人はいません。

「ちょっと硬いかな」と感じるマットレスは確かにありますが、ちょっと硬く感じるのは自分の体重が軽いせいでしょう。

または、今まで使っていたマットレスが劣化してヘタり、柔らかくなっていることも考えられます。

ですから、腰痛対策としてマットレスを購入する場合は、「ちょこっと硬いかな」と感じるくらいのものがおすすめになります。

柔らかすぎるマットレスは腰が曲がりやすい

マットレスが柔らかすぎても硬すぎても腰痛の原因になります。

柔らかすぎるのと硬すぎることは正反対のことになりますが、両方とも腰には大きな負担がかかってしまいます。

しかし、その2つは腰を痛める原因が違ってきます。

睡眠中、頭や肩、腰など比較的重い部位は負荷がかかりやすく、マットレスが柔らかすぎると腰などの重い部位は深く沈み込みやすくなります。

身体の重い部位が沈み込みすぎることで身体が変なふうに曲がってしまい、身体への負荷は大きくなってしまいます。

ですから、柔らかすぎるマットレスは腰を痛めやすいのです。

柔らかすぎないマットレスを購入しても、使っていると徐々に劣化していき、ヘタって柔らかくなってしまう場合があります。

マットレスに仰向けで寝た時、腰が沈み込み過ぎていて腰にストレスがかかっているように感じる場合は、腰痛を起こしたり悪化させたりする可能性があります。

硬すぎるマットレスは身体が沈まず腰が浮く

前述した通り、硬すぎるマットレスでも腰痛の原因になりますが、実際、硬すぎるマットレスはあまり販売されていません。

寝床が硬すぎる睡眠環境で多いのはマットレスではなく、敷き布団を使っている場合です。

入れ綿の少ない煎餅布団を床に敷いて寝たり、フローリングなど硬めの床に敷き布団を敷いて寝ていると、身体に接する敷き布団が硬く感じてしまいます。

身体に接する下の寝具が硬ければ、体圧は分散されず、腰は浮きやすくなります。

人間の背骨は緩やかなS字カーブを描いていますが、硬さが適度にある体圧分散性に優れたマットレスなら、適度に身体が沈み込み、背骨のS字カーブを無理なく維持することができ、腰にかかる負担は少なくなります。

ですが、下にある寝具が硬すぎると身体が沈み込まず、腰が浮いてしまいます。

腰が浮くことにより腰には大きな負担がかかり、腰を痛めやすくなります。

つまり、「凄く硬い」というようなマットレスは実際あまりないので、腰痛対策したいのであれば、敷き布団からマットレスに替えたほうが良いのです。

身体の重さによって最適なマットレスの硬さは異なる

ここまでの説明で、腰痛対策としてマットレスを選ぶなら、柔らかすぎず硬すぎない、身体が適度に沈み込む硬めのものが良いということが理解できたかと思います。

ですが、使う人の体重や体型によって、マットレスへの沈み込みは変わってくるので、その人の体重や体型に合った硬さのマットレスを選ぶことも大切です。

小さい子供や体重の軽い女性の場合

小さい子供や細い女性など、体重が軽い方は、ウレタン系の素材を使用したものがおすすめです。

体重が軽い方が硬めのマットレスを使うと、重みが少ないことから身体は沈み込みにくく、腰など重い部位が浮きやすくなります。

ウレタン系の素材を使っているものなら硬すぎず、体重が軽い方が使っても快適に寝ることが可能です。

同じ硬さのマットレスを使っている場合、体重が軽い方と体重が重い方とでは身体が沈み込む大きさは異なるため、マットレスを購入する時は実際に試してみて、自分の体重に合った硬さのものを選ぶことが大切です。

太っていたりがっしりしている体型で体重が重い方の場合

太っていたり、がっしりとしている体型で体重が重い方には高反発マットレスが最適です。

身体が大きく体重が重い方の場合、身体の中で重い部位である頭や肩、お尻の圧力がとても大きくなります。

比較的安価なマットレスを使った場合、始めは問題なく使えても、耐久性が低く、重みに耐える機能が低いことから、すぐに劣化してヘタってしまう可能性があります。

すぐにヘタることによって腰が沈み込みすぎるようになってしまい、腰には大きな負担がかかってしまいます。

そのため、身体が大きく体重が重い方は、重い体重に耐えられて、身体が沈み込み過ぎないものを選ぶことが大切です。

高反発マットレスといっても商品によって硬さは違ってきます。

体重が重い方はマットレスに身体が沈み込み過ぎやすいため、硬い高反発マットレスを選ぶことをおすすめします。

お店で硬さを試しましょう

マットレスを購入する場合、名前や見た目だけで選ぶのは良くありません。

弾力性に優れた高反発マットレスでも、商品によって硬さは異なるため、名前や見た目だけで選ぶと自分に合っていない可能性があります。

では、どのようにして選ぶと良いのかというと、お店で実際にマットレスに仰向けになったり、横向きになったりして試すと良いです。

実際に試すことによって硬さや身体の沈み込みをしっかり確認することができ、自分に合っているものが見つかりやすくなります。

試す際は短時間で済ますのではなく、時間をかけて寝心地をちゃんと確認することが大切です。

まとめ

腰痛を予防するには、日常生活で正しい姿勢を意識することや、ストレスを溜めすぎないことなども大切ですが、自分に合った硬さのマットレスを使うことも大切です。

マットレスで寝ていて、腰に負担がかかっているように感じた場合、そのマットレスが自分に合っていない可能性があります。

もし、腰痛予防でマットレスを買い替えるなら、ここの記事で説明したポイントを参考にして、自分に合っているものを購入してください。

参考URL・参考文献・根拠など

http://www.iine-no-singu.com/mattre…
https://my-best.com/367
https://komore.com/blogs/komoreの…
https://腰痛対策マットレス…