腰痛改善に高反発マットレスが効果的な理由

朝起きたら腰が痛いとか、肩がこっているなどのお悩みを抱えている人も多いです。

腰痛や肩こりの原因が寝具にある場合も多く、毎日寝ているマットレスは特に重要なアイテムです。

最近は腰痛改善に効果的だと、高反発マットレスの人気が高まっています。

高反発タイプと低反発タイプの違いや、どう腰痛改善に役立つのかなどを紹介しましょう

うつ伏せよりも仰向けがベスト

体の中心部にある腰は1日中体を支えていますから、大きな負荷がかかっています。

腰周辺の筋肉や組織などが疲れていますから、睡眠中にしっかりと回復させてあげないと、腰痛がますますひどくなります。

うつ伏せで寝る人もいれば仰向けで寝る人もいるはずです。

仰向けが一番腰に負担がかからない寝姿勢で、体がリラックスして回復効果も高くなります。

逆にうつ伏せは腰が反ってしまいますから、仰向けの約3倍もの負荷がかかります。

腰痛に悩んでいるなら、できるだけ仰向けで寝るように工夫しましょう。

個人の姿勢と寝姿勢の関係

普段の生活の影響で、姿勢が乱れていたり体にゆがみが生じている人もいます。

仰向けが一番ベストな寝方ですが、乱れた姿勢のままだと逆に腰に負担がかかる場合もあります。

腰が反っている人が仰向けになると、マットレスと腰との間に隙間ができてしまって、腰痛を招いてしまいます。

しっかりとマットレスから腰が浮かないように、クッションなどを足の下に入れてあげるのがおすすめです。

猫背の人は背中が丸まりやすいですから、横向きやうつ伏せの寝方は避けるようにしましょう。

仰向けで寝て背中が丸まって痛いようなら、腰や足にクッションを入れて楽な寝方をするのが大切です。

体に合わない寝具が腰痛を悪化させる

自分の体に合っていて腰に負担がかからない寝具を使っているなら、腰痛になる心配はありません。

睡眠中は体の疲労を取って、明日のために体を回復させる重要な時間帯です。

そんな重要な睡眠タイムに体に合っていないマットレスで寝ていると、腰にますます負担がかかって腰痛が悪化する一方です。

意外と多いのが、マットレスの経年劣化です。

クッション性が失われたりヘタってしまいますから、そのまま使い続けていると腰痛の原因を作ってしまいます。

最近腰が痛くなってきたと感じたら、マットレスの劣化を疑ってみて、新しいものに買い替えることを検討しましょう。

腰痛改善にベストな高反発マットレス

押し返す力が高い高反発マットレスは、腰に負担をかけずに寝られると人気になっています。

どんな点が腰痛改善に役立ってくれるのかを、紹介しましょう。

自然な寝返りをサポート

寝ている間に人は約20回ほど寝返りを打っています。

ずっと同じ姿勢のまま寝ていると、一部分にのみ圧がかかってしまって、血行が悪くなったり筋肉の疲労が起きてしまいます。

それを避けるために寝ている間に寝返りを打っています。

高反発マットレスは体への負担を減らすため、寝返りしやすいという特徴があります。

下から上へと浮かせる反発力が強いですから、少ない労力で自然な寝返りをサポートしてくれます。

体圧分散で腰に負担がかかりにくい

仰向けで寝ているだけでも、腰に一番負担がかかっていますし、背中にかかる負荷も無視できません。

そんなピンポイントで圧が集中しやすい部位というのがあります。

高反発マットレスは体圧分散してくれますから、一部分に負荷がかかるのを減らせます。

体圧をしっかり吸収して逃がしてくれますから、腰への負担を減らすことができます。

その結果、腰痛も徐々に楽になりやすいです。

耐久性が高くヘタりにくい

高反発タイプは適度な硬さがありますし、特殊な作り方がされています。

普通のマットレスよりも値段が高いですが耐久性も同様に高く、ヘタりにくくて長持ちしてくれます。

値段が高い分長期間使えますから、コスパに優れています。

機能性が高く安眠しやすい

寝ている間にはコップ1杯分の汗をかいていますから、通気性が悪いマットレスだと寝心地も最悪です。

睡眠の質が下がってしまって、腰痛をしっかり回復させることができません。

種類にもよりますが、高反発マットレスは通気性や保温性、クッション性など、機能性に富んでいます。

快適な寝心地を提供してくれますから、安眠しやすく朝までぐっすり眠れます。

睡眠の質が上がることで疲労もしっかり取れますから、腰痛も楽になってくれます。

大きさや硬さを選べる

高反発マットレスにもよりますが、大きさや硬さを選べるタイプも少なからずあります。

自分の身長や体重などに合ったものを選びやすいですから、体に負担がかかりにくくなります。

しっかりと自分に合ったマットレスをチョイスすることで、腰の痛みも徐々に緩和されます。

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスはふわふわとしていて寝心地は最高ですが、実は腰痛との相性は最悪です。

体をすっぽりと包み込んでくれる柔らかさが快適ですが、柔らかすぎて逆に腰への負担がアップしてしまいます。

仰向けで一番負荷がかかる腰周辺が沈み込んでしまって、自然な背骨のS字カーブを描くことができません。

腰や背中などが落ち込んでしまって、体がゆがんだ状態になってしまいます。

筋肉が余計に緊張しますし、沈み込んだ状態では寝返りもしっかり打てなくなります。

筋肉の疲労が蓄積されてしまいますし、血行やリンパの流れも悪くなります。

柔らかい素材ですからすぐにヘタりやすく、通気性なども高反発タイプと比較すると悪いです。

その影響で腰痛の原因になったり、さらに悪化してしまう場合もあります。

腰痛改善になる人気の高反発マットレス

腰痛改善をしたいなら、高反発マットレスを使うのがおすすめです。

たくさんの種類が販売されていますが、中でも人気が高くて体圧分散に優れているタイプを紹介しましょう。

モットン

高反発タイプではおなじみで、販売数は10万を超えている人気商品です。

複数のサイズと硬さが用意されていますから、体格や好みに応じて選びやすいのが特徴です。

腰や背中がしっかりとフィットして、背骨のS字カーブが乱れる心配がありません。

体圧分散効果にも優れていますから、腰への負担を減らせて熟睡できます。

従来の高反発タイプよりも、さらに反発力がアップしています。

しっかり体を上へと押し上げてくれますから楽に寝返りが打てて、筋肉量が少ない女性にもおすすめです。

13層やすらぎマットレス

13層構造で厚さが何と27cmもありますから、朝までぐっすり熟睡できてしまいます。

独自の3Dスプリング高反発構造になっていて、体圧分散効果に優れています。

体圧を様々な方向へと逃がしてくれますから、仰向けでも横向きで寝ても大丈夫です。

独自の高反発コイルもサポートしてくれて、体を浮かせてくれますから腰などに負担がかかりにくいです。

複数種類のウレタンと独自のポケットコイルのおかげで、空の上にいるような快適さが得られます。

耐久末も高いですから長期間使用できますし、高品質なマットレスで体の回復力を高めてくれます。

まとめ

高反発マットレスは腰痛改善にいいだけでなく、体の疲れをしっかり回復させてくれますから、毎日の健康維持にもぴったりです。

腰や体への負荷を減らしてくれて、睡眠の質を向上させてくれます。

腰痛や肩こりを楽にしたい人から、夜ぐっすり眠れずに悩んでいる人まで、幅広いタイプの人に向いています。

睡眠の悩みを抱えているなら、自分に合った高反発タイプを使ってみましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://motton-japan.com/motton/
https://shop.ichiban-boshi.com/user…