高反発マットレスが原因で腰痛に?その理由をまとめてみた

高反発マットレスは、腰痛対策のマットレスとしてとても有名です。

ですが、この高反発マットレスをしようしているからこそ、腰痛になってしまうことがあるというのを知っていますか。

これは、その人の体質や、使用している高反発マットレスの品質が関係しています。

これを防ぐためには、購入前にマットレスを選ぶ際に原因を踏まえて選ぶ必要があります。

高反発マットレスが硬すぎる

高反発マットレスが腰痛の原因になる理由で1.2を争うほど多いのが、マットレスが硬すぎるという場合です。

確かに低反発マットレスと比較すると、高反発マットレスは硬いです。

ですが、その中にある程度の柔らかさも併せ持っているために腰痛によいとされているのです。

体が沈み込まない

人間の背骨は、ゆるやかなカーブを描いています。

そのため、まっすぐの状態でも肩甲骨やお尻の部分が出っ張っています。

そして硬い場所で寝た場合、体が沈み込んでくれないのでこの出っ張った場所だけで体を支えることになります。

その結果、腰の周辺の筋肉などの負担が大きくなり、腰痛の症状が表れるのです。

本来高反発マットレスは、体重で適度に沈み込みながらも、持ち前の反発力で体を押し返してきます。

その結果、マットレスが押し返す力と沈み込む力で体のカーブに沿って形を変えてくれるのです。

すると体全体にマットレスが触れるようになり、触れている部分全体で体重を支えることができるようになり、腰への負担が少なくなるのです。

硬すぎる場合にはまず体の重さでもマットレスが沈み込まないので、体にフィットすることができません。

体圧分散ができない

高反発マットレスは、体全体にマットレスが触れ、かつそれなりの硬さをもっているので体が安定するため、体圧分散力が高いことが有名です。

ですが硬すぎるマットレスの場合は、先に述べたように体に合わせてマットレスが形を変えることができません。

その結果、マットレスに触れている部分のみに体圧がかかることになります。

そのため、負担が一か所に集中してしまうことになります。

体重の軽い人

高反発マットレスを使用していたとしても、体重の軽い人は腰痛になってしまうことがあります。

それは、寝た時の沈み込む力が弱いためです。

高反発マットレスは硬いとは言っても、体重によって沈み込むようにはなっています。

ですが、上に乗る人が軽すぎる場合、高反発マットレスがもつ反発力に対して、人の沈み込む力が勝つことができないのです。

すると、高反発マットレスの利点が全く活かされなくなってしまい、ただの硬いマットレスになってしまいます。

その結果、先に述べたような硬すぎる高反発マットレス使用したときと同じ状態になってしまいます。

体重が軽い人の場合は、低反発マットレスを使用するか、高反発マットレスの中でも反発力が弱いものを選ぶ必要があります。

高反発マットレスの反発力が弱い

高反発マットレスの良し悪しは、マットレスの中に入っている素材であるウレタンの密度によって左右されます。

このウレタンの密度が高すぎると、先に紹介したような硬すぎるマットレスになってしまうのです。

では、密度が低すぎる場合にはどうなるのでしょうか。

実はこれも、腰痛の原因として多いものなのです。

体が沈み込みすぎてしまう

マットレスが柔らかい場合、反発力はその分弱くなってしまいます。

すると、反発力よりも沈み込む力の方が勝ってしまいます。

すると、体の重い部分がより深く沈み込んでしまうようになります。

寝た際に特に重いのは、肩甲骨や腰の部分です。

その結果、腰の部分だけが深く沈み込んでしまい、姿勢が悪くなってしまいます。

この姿勢の悪さが腰への負担を強くし、腰痛を引き起こしてしますのです。

寝返りを打ちにくくなる

体が深くマットレスに沈み込んでしまうと、動きが制限されるようになってしまいます。

それは、体が安定しないためです。

通常、人は寝ている間に20回は寝返りを打つと言われています。

これは、体の一部に負担がかかるのを防ぐためです。

寝返りが打てないと、体の負担を和らげることができないので、疲労がたまり、腰痛の症状が表れてしまいます。

密度の低いマットレスを選ばないためには

マットレスには、密度が記載されています。

高反発マットレスの場合、この密度が30D以上であると、反発力が弱いということはないです。

そのため、腰痛対策として高反発マットレスを購入する際には特に密度を意識するようにしてください。

マットレスがヘタれてしまう

高反発マットレスの素材であるウレタンは、泡がいくつも繋がっているような構造をしています。

そして、品質の悪い高反発マットレスの場合、体重のかかる部分はこの泡が潰れてしまうことがあります。

すると、その部分だけマットレスがヘタれてしまいます。

すると、それ以外の部分よりも沈み込んでしまうようになり、姿勢が崩れてしまいます。

また、ヘタれてしまったマットレスは元の状態には戻りません。

そのため、マットレスがヘタれてきたら買い替えることをおすすめします。

マットレスが薄い

マットレスが薄いと、高反発マットレスでも沈み込んだ際に、地面に当たってしまい、底つき感が感じられてしまいます。

この状態では腰が床の硬さによって圧迫されてしまい、硬いマットレスで寝ている状態と同じような状態になってしまいます。

そのため、適度な厚みがあるマットレスを選ぶ必要があります。

体重が重い人ほど、沈みこみも大きくなるので、厚いものを選ぶ必要があります。

元々の姿勢が悪い

元々の姿勢が悪すぎる人は、高反発マットレスに寝ることで腰痛となってしまいます。

猫背やそり腰の人は、高反発マットレスでは反発力が高すぎるのです。

猫背の場合には腰だけがマットレスについてしまうので、腰だけに負担がかかります。

逆にそり腰の場合には、腰とマットレスの間に隙間ができてしまいます。

仰向けになるのが怖いという人

腰痛の症状が酷い方や、ヘルニア、腰痛すべり症、脊柱管狭窄症などの疾患を患っているという方の場合、仰向けになると腰が痛くなってしまいそうで心配になり、仰向けの姿勢で寝るのが怖いと感じてしまうことがあります。

この不安な気持ちは、高反発マットレスを使用していたとしても腰痛を引き起こしてしまう原因になります。

気持ちと腰痛のどこに関係があるのかと疑問に思う方もいるでしょう。

ですが、仰向けに寝ることに不安を感じている方がマットレスの上に仰向けの姿勢で寝た場合、体全体が緊張してしまいます。

その結果、寝ている間中体の筋肉に力が入っていることになり、腰痛が悪化してしまうのです。

こういった人にとっては、「高反発」マットレスであるということも緊張の原因になってしまうこともあります。

低反発マットレスが柔らかく体を包み込んでくれるというイメージを抱かれることが多いのと同様に、高反発マットレスは硬いというイメージを持っている人も多いです。

このイメージが、腰痛が悪化してしまうのではないか、本当に腰に良いのか、という不安に繋がってしまうのです。

すると、緊張が余計に強くなってしまうのです。

病は気から、という言葉もありますが、その通りなのです。

まとめ

高反発マットレスは、腰痛対策のマットレスとしては非常に優れた性質を持っています。

ですが有名になったからこそ、品質に差が出てしまったり、多くの人が体質を考えずに購入してしまい、腰痛になってしまうことがあります。

高反発マットレスは全ての人に対して有効的というわけではありません。

そのため、高反発マットレスが腰痛の原因になることも踏まえ、マットレスを選ばなければいけません。

ぜひ、これらを踏まえた上で、自分に合ったマットレスを探してみてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://kaimin-times.com/high-resil…
https://xn--n9j1i3au2iudt832as4c7z2…
https://xn--u9j4h3aaze4iubyi8034ad2…